ツインテール

さてこのタイトルをみて、何を思い浮かべましたかね?

女の子の髪型を連想した方は真人間です。

・・・現実世界でツインテールの女の子なんて見たことない気もしますがcoldsweats01

ツインテールと聞いて龍乳が思いつくのは・・・

「グドンのエサ」

・・・ハイ、普通の方、おいてけぼりですね。スイマセンcoldsweats01

「帰ってきたウルトラマン」に出てくる顔が下にあって、頭頂部に二本の尻尾(ツインテールの由来)がついている怪獣の名前です。

幼少の頃、先にツインテールという言葉で覚えたのがこちらだったので、龍乳にとってツインテールといえば怪獣なのです。

なんで急にそんな話をするのかというと、たまたまネットでこの怪獣が登場する話を見たから。

実はこの回のお話はなかなか骨太で面白い。

地球防衛軍にあたるMAT(マット)が、最初ツインテールのタマゴを発見するけど対応を誤って見逃してしまう。

その後に登場したグドンも判断ミス(実際は避難が遅れた子供のため)で、逃がしてしまいます。

見逃したタマゴからツインテールが登場。

地下に閉じ込められた人たちを守るためにウルトラマンが現れるんだけど、頭頂部から二本の尻尾を振り回し、下からは噛み付いてくる変則攻撃にウルトラマンは苦戦します。

そこにツインテールを主食とするグドンまで現れて、二大怪獣の前になんとウルトラマンは破れてしまいます。

MATが失態の連続な上に、ウルトラマンまでが敗れたために、防衛庁長官が東京全土をも焼き払う爆弾を怪獣に使うことを決定するが、MATは隊長以下全員で再度怪獣への攻撃を進言します。

このあたりがアツくていいんですよgood

長官が折れて最後のチャンスを貰ったMATがチーム一丸となって怪獣に向かっていく・・・。

その時の作戦も凄いんです。

ツインテールに対して、なんと10メートルの近距離から目を潰す作戦です。

ツインテールの顔が下についているから、いつものマットアロー(戦闘機)ではなくてジープを使って接近します。

10メートルってかなり近くね?

文字通り決死の覚悟で怪獣に向かうMATの戦いぶりがスゴくいいんです。

最終決戦はやはりウルトラマン対二大怪獣になるんだけど、MATが効果的にウルトラマンの援護をしたおかげで見事に勝利します。

こんなに役に立っている地球防衛軍って珍しいんじゃないかな?

全員ボロボロになりながらも、辛くも勝利した隊員たちを隊長が一人一人に対して労います。

無能な上司(長官)に困らせられながらも、中間管理職(隊長)の下でぶつかり合いながらも一丸となって仕事を成し遂げていく社員(隊員)たち・・・weep

プロジェクトXか!

因みに何が一番スゴいかっていうと、これがまだ「6話」だってこと。(全51話)

最終回って言われても可笑しくない話の出来栄えですよcatface

探偵はBARにいる

「水曜どうでしょう」のファンである友人の奥さんが絶賛していたので、大泉洋さん主演の「探偵はBARにいる」を会社帰りに見に行きました。

奥さんは大泉洋さんが出てれば何でも良かったんじゃあないかな~なんて思いながら見たんだけど、なかなか面白かったです。

原作は東直己さんの小説。「探偵はBARにいる」の二巻目「バーにかかってきた電話」になります。

映画を見た友人が、意外と原作に忠実だったよ~と言っていたの、先に原作を読んでからにするか悩んだんだけど、犯人がわかっている推理物を見るのはつまらないだろうと思い、未読のまま見に行きました。

ストーリーはススキノの探偵(大泉洋)が、行きつけのバーにコンドウキョウコを名乗る女から「ミナミという弁護士に去年の2月5日、カトウはどこにいたか?」と聞いて欲しいというもの。

この奇妙な依頼を引き受けてしまったため、いきなりヤクザにつかまって雪原に埋められることに。

九死に一生を得た探偵がミナミに報復をするためにかぎ回ってみると、以前に発生した地上げ事件が絡んできて~という流れ。

大泉さんが演じる探偵は三枚目的な役柄で、ススキノのいろんなお店に顔が利いて情報を集めていきます。

シティーハンターの冴羽 獠みたいな感じかな。

相棒の高田(松田龍平さん)のコンビもいい感じで、2時間たっぷり楽しめました。

続編もできるそうなので、いまから楽しみです。

余談ですがダーツバーみたいなところで日ハムの日本一のシーンが流れ続けたことが龍乳にとってはご褒美でしたcatface

Ca3a0770


-天気予報コム-
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ