遥かな尾瀬 その2

さて、順風満帆で終わった尾瀬の旅。
私が山に行ってこんな爽やかに終わってしまっては、物足りないと思っている方もいるのでは?

ご安心くださいgood

翌日にそれは待ってました。

山小屋で一泊して二日目。
山の鼻から至仏山を登り、下山してそのまま鳩待峠に向かうルートにしました。
途中でとった写真。
山がきれいに湖に映ってます。
Dscn1366
山の鼻で友人の一人が淹れてくれたコーヒーで英気を養った後、至仏山にチャレンジです。

至仏山頂上までは、木でできた階段+岩場の繰り返し。
ちょっとハードな感じです。

しかもほぼ一直線に頂上へ向かって登っていきます。
Ca3a1632
途中で振り返ると尾瀬の湿原が・・・。
Dscn1371
少し霧雨みたいなのが発生してきましたが、私たちはレインウェアは着ないで登頂を続けました。
あとで考えると、これが失敗でした・・・shock
途中、何度か休憩をはさんで登ったのだけど、頂上が近づくにつれて下から吹き上げる強い風と細かい雨に悩まされました。
天気が徐々に悪化していったのが、判断を鈍らせました

結果、頂上ついたころには7月なのに全員寒さに震える状況にmist

・・・雪の進軍 氷を踏んで どれが河やら道さえ知れず・・・

あ、幻聴が聞こえる・・・wobbly
頂上は岩場で、あまり身を隠すところがありません。
かなりの強風で、荷物を開けるのは大変だけど、とにかくレインウェアを着なければ!
よっぽど私たちが寒そうに見えたのか、近くの登山客があったかいお茶を分けてくれました。
あぁ、人間てすばらしい・・・
頂上では写真を撮るまでもなく、即下山することに。
だけど鳩待峠までは、小至仏山を通って約3時間
な、長いなぁ・・・coldsweats02
風景が楽しめない分、友人と雑談で気を紛らわせながら下山しました。

急に靄が晴れると、絶景が現れます。
Ca3a1635
だけどそれも一瞬で、また靄の中へ消えてしまいます。
残念。

途中で雪原を発見。
7月なのに、雪が残っているのですね
Ca3a1638
なお、鳩待峠から駐車場行きのバスは17:10が最終です。
時間的には余裕があるハズなのですが、途中まで看板がないのでいったいどの辺りを歩いているのか不安になります。
途中、何組かの登山客が休憩しているのを見ました。
かなり呆然と座り込んでいたので、よっぽど疲れていたのだなぁ。
帰り道は、本当に長く感じました。
鳩待峠が見えたとき、ホントにうれしかったなぁshine

下山後に食べた花豆ソフトクリームのうまかったこと、うまかったこと。
Ca3a1641
今回の教訓は
1.時間は余裕を持って行きましょう。
2.霧雨でもレインウェアは着ましょう。
3.自分は晴男だと過信するのはやめましょう。

初日と二日目でこれほど疲労感が異なるとは・・・catface

遥かな尾瀬

一度行ってみたい場所のひとつ、私にとってそれが尾瀬でした。
夏が来たので急に思い出した訳ではないのですが、あの湿地帯の中の木道を延々と歩いてみたいと思ってました。

鳩待峠をスタート地点に、至仏山方面から尾瀬ヶ原を抜けて、燧ヶ岳方面を目指します。
山の鼻あたりから尾瀬ヶ原が広がっていて、まさに「遥かな尾瀬」の風景です。
Dscn1306
・・・・
Dscn1319
これだよsign01私が一度見てみたかった風景はsign03
 
Dscn1351
尾瀬ヶ原にしかれた木道をゆるゆると歩いていきます。
時間までゆっくり流れてるみたいなのどかな気分です。
Dscn1349
Dscn1325
燧ヶ岳までの道のりは長いので、歩いても歩いても、至仏山が小さくなりません。
Dscn1333
途中、いろいろな高山植物にめぐり合えました。
ニッコウキスゲ
Dscn1307_2
ヒオウギアヤメ
Dscn1309_2
 
ワタスゲ
Dscn1323
オゼコウホネ
Dscn1328
約6Kmの尾瀬ヶ原を歩くと、意外に堪えます。
おそらく木道も足への負担が大きいと思います。
山小屋に着いたときには足がクタクタになりました。
木道を歩くのと同じくらい「尾瀬の星空」を楽しみにしていたのですが、この日はあまりにも月が明るすぎて駄目でした。
Dscn1359_2
私はどうしても星空には縁がありませんcoldsweats01
山小屋でビール飲んで温泉入って晩御飯食べて一泊。
非現実的な時間を楽しみましたcatface

一人で山に登ったよ 宝篋山

春らしくなって来ましたね。
家でダラダラしてるのも良いのですが、たまには体を動かそうと山に登ってきました。

行ったのは宝篋山。
あまりなじみのない名前ですが、筑波山の隣にあり、自宅から2時間ほどで着くところにあります。

だいたい1時間半ほどで登れてしまう低い山ですが、運動不足の龍乳には難敵でした

小田休憩所から「常願時コース」を使って登っていきます。
登りは比較的ゆるいので初心者の龍乳もバッチリです。

だけど最初の目的地、尖浅間山頂の手前に罠が

少し急な坂道がだらだらと続きます。
その名も・・・

Ca3a1428

そのままやないけ!

この坂が地味に堪えます・・・bearing

難所(?)の乗り越え、まずは尖浅間山頂に到着。
お隣の筑波山が見えます。

Ca3a1431

宝篋山の山頂まではここから30分強っていうところでしょうか。
目的地はもうスグですscissors

宝篋山のいいところはマイナーなおかげで比較的人が少ないところ。
(それでも今日は日曜日とあって、朝の9時半で駐車場は一杯でしたが)
登山道も人が多くて通れないなんてことはありません。
人見知りが激しい龍乳にはピッタリな山ですcatface

さて無事に山頂に到着したら、そこでお昼タイム。
今日はバーナーを持ってきたので、一度やってみたかった山頂でカップラーメンをすることにします。
バーナーを持っていくだけで、なんとなく「登山」という気分が味わえますsmile
筑波山をバックに調理(?)をしていきます。
Ca3a1432

ラーメン一杯では物足りないので買ってきたオニギリも頂くことにします。
ここで普通に食べても面白くないので、ラーメンの残ったスープに入れて即席おじやをつくりました。
残ったスープは捨てるわけにもいかないので、ちょうどいいですな。
Ca3a1435

適当に水分が飛んだら、最後にオニギリの海苔をばらまいて完成shine
こーゆーキャンプっぽいノリが楽しいですね。
Ca3a1436

帰りは「小田城コース」から下山。
下りは膝にキますね・・・。

久しぶりの運動とキャンプ気分を楽しんだ龍乳に悪夢が襲います。

下山して携帯を確認したら会社から電話が・・・。
ちょっとした障害があり、電話で説明したけど解決しなかったので、ここから会社に向かいました。

近くにお風呂でも入っていこうと思ったのにな~crying

社会人はツラいねcatface

Ca3a1442

一人で山に登ったよ 筑波山 まとめ

下山して駐車場に留めておいた愛車と再会。
無事にいてくれて助かった・・・。

友人の車に乗せて貰う時は着替えるのですが、自分の、ましてやバイクですので着替えずに帰ります。

途中で温泉に入ろうかと思ったけど、前回友人に連れて行って貰った温泉の場所がわからず断念。
お昼も教えて貰った定食屋にいったら、ちょうど昼の部終了してましたcrying

ここからは自分への覚書。

07:40 自宅出発

09:30 筑波山駐車場着

09:40 駐車場から筑波山へスタート

11:00 御幸ヶ原到着

11:40 休憩

12:00 女体山到着

12:15 下山開始

13:30 筑波山神社到着

13:40 駐車場到着

自宅から筑波山まで約2時間。
登山で片道1時間半というところでしょうか?

もう少し早く家を出れば、登山後にランチをお店で食べれそう?

登山した結果としては・・・

「何が面白いかわからないannoy

というのがホンネですcoldsweats01

登山中は本当に辛くて辛くてしょうがなかったです・・・。
頂上に着いたときも達成感というより、やっと苦行から開放された~という気分だったし・・・down

ただ頂上でぼ~っとしたのは気持ちよかったし、普段のストレスを忘れて気分転換にもなりました。

筑波山は90分くらいで登れるし、頂上でいろいろ売っているので装備が軽くて済むし、私みたいな初心者&そこまで本格的に登山したくないやって人にはぴったりかもcoldsweats01
自宅から120分くらいで着くので、ちょっとしたツーリング気分でいけるのもいいですね。
(しかも高速を使わなくていいから、一人でもお財布に優しいですcoldsweats01←重要)

登山は好きになれないけど、筑波山はまた来るかもsign02catface

一人で山に登ったよ 筑波山 その3

アクセス数が7万を超えましたsign03
更新は超不定期だし、方向性もバラバラなこんなブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
今後も不安定な更新&内容で頑張っていきますcatface

さて筑波山ですが、ここからは帰り道。
白雲橋コースで筑波山神社を目指します。
Dscn0892

足に疲労がたまりそうなコースです・・・・。
Dscn0893


このコースは奇石と呼ばれる変わった形の石が多いことで有名です。

天空に向かってそびえ立つ「北斗岩」
ラオウの最後のイメージが・・・
Dscn0895


岩のバランスが絶妙な「母の胎内潜り」。
龍乳はめぐって来ませんでしたcoldsweats01
Dscn0896


「高天原」。
見るだけで済ますつもりだったのに、間違えて登っちゃったよ。
ここのコース、ちょっと紛らわしいですbearing


「弁慶の七戻り」。
弁慶ですら通るのを躊躇したという岩。
地震でもきたらかなり怖い・・・・。
Dscn0898_2

ここからつつじケ丘と筑波山神社に分かれる道があります。
間違えても最終的には筑波山神社に戻れますが、約50分のタイムロスになります。

「白蛇弁天」が出てきたら、残り1/3程度です。
やる気も出てきます!

・・・「白蛇弁天」ってなんかヤラしいな、オイlovely
Dscn0899

なんて余計なことを考えていたら、空が急に真っ暗に・・・
そういえばバイクにレインウェア置いて来ちゃったんだよな・・・
今、雷雨が来たら確実に死ねます!

雨におびえながら歩き続けると、なんとか神社の入り口まで到着!
Dscn0900

ちょこっとだけ神社をお参りしてきました。
Dscn0902


あ~足がガクガクです。

も一回だけ続くcatface

一人で山に登ったよ 筑波山 その2

頂上で食事休憩をしてから女体山に移動。
筑波山は頂上に自動販売機や売店がたくさんあるので、荷物を減らせて便利です。
もちろん頂上以外の途中には何も無いから飲料水は必要だけどね。

途中にあるセキレイ石、ガマの石を越えて女体山へ。
Dscn0880

Dscn0881_2
いつもは混んでる女体山も平日なのでガラガラ。
頂上の岩でしばし風景を堪能。
ふ~。

Dscn0882

Dscn0890

見事な崖で落ちたら怖そう・・・coldsweats02

Dscn0886

よ~く見たら山道の入り口にあった鳥居が見えました。
あそこから登って来たんだなぁ。

さてここからは下りです。
続くcatface

一人で山に登ったよ 筑波山 その1

初めて一人で登山してきました。
・・・筑波山だけど。

スクーターで家から約2時間で筑波山麓の無料駐車場に到着。
スクーターを置きっぱなしにすることには抵抗があったのだけど、今日は工事をしてるみたいで作業員や警備の人がいるのでちょっと安心。

今回はほとんど道具を持たずに行くことにしました。
家からアウトドア用の靴、パンツ、シャツをそのまま着てきました。

ケーブルカーが真横を走って行く御幸ヶ原コースで登ることにします。
以前、友人たちと登ったことがあるのですが、その時は登山客でいっぱいでした。
山道が渋滞していて、まるでみんな同じサークルで参加してるようになりました。
さすがに平日のため、人の気配はほとんどなし。
途中ですれ違った人も10組程度だったかな?

登り始めてから数分で激しい後悔が・・・

・・・家でゴロゴロしとけば良かった・・・・shockshockshock

ちょっと登っただけで凄く息が切れます。
汗も滝のように流れてくるし・・・

正直ツラいッス・・・wobbly

登っては息を整え、また登っては息を整えの繰り返し。
なぜ休日を潰してこんな事をしているのか激しく自問自答しながら登ります。

途中、ケーブルカーが見える地点で休憩。

ちょうどケーブルカーが登っていくところでした

・・・憎い、楽して登っていく奴らが憎い!happy01
Dscn0870

道中に看板で残りの距離があるのはうれしい配慮。
がぜんやる気が出てきます。
Dscn0873

いろいろ後悔しながら登って行くと、そろそろ1時間半というところで階段が復活。
お、そろそろゴールかしら!?
だけどこの階段が曲者でした。
階段の高さが低く、しかも足を置くスペースも小さいんです。
龍乳の足だと、階段に半分も乗りません。
まるで爪先立ち状態で登って行くことに。
これはツライ!!!wobblywobblywobbly

だけど人の声やケーブルカーの音が聞こえてきて、ゴールが近いことを感じさせます。

ここを登り切れば!

Dscn0876


よろよろになりながら、やっとゴール!

・・・疲れた・本当に疲れた・・・

ベンチに座ったときはもう立ち上がる気力がなかったです。
達成感というより、あ~やっと登らなくてすむ~!というのがホンネcoldsweats01

景色はちょっとモヤっていたけどまあまあ。
Dscn0879


Dscn0877

・・・とりあえず続くcatface

高尾山 おまけ

さて、楽しく登った高尾山。

だけど、何かもの足りませんか???

・・・・・

今回は「雨」は降りませんでしたhappy01

雨はrain

・・・・・

最終目的地の陣馬山が見えてきたのが15時くらい。

だんだん気温が下がってきて、ちょっと肌寒くなってきました。
空もかなりどんよりしてきたし・・・
これは「お決まり」が始まるかなぁ・・・coldsweats02

で、陣馬山についに到着!!となった時に

何か空に白いものがちらほら・・・

桜の花びら?

よ~く見たら「雪」!4月なのに!!

Dscn0128_01


最初は「スゴ~い」なんて喜んでいたメンバーでしたが、雪の量がどんどん増えて行ってちょっと不安に。

Dscn0138_01


雪を避けるために入った売店で食べたけんちんうどんがあったかくて美味しかったこと美味しかったこと・・・・shine

Dscn0135_01


陣馬山から下山したのですが、下に降りるたびに雪の量が減ってきました。
バス停に着く頃にはすっかりやんで事なきを得たのですが、4月の高尾山で雪に遭遇するとはホントびっくりな日でしたcatface

Dscn0126_01

四山目 高尾山

今月の上旬、有名な登山スポット、高尾山に行ってきました。
成田からでも車で2時間ちょっとで着くのでお手軽です。

人気スポットとあって、人はいっぱい。

龍乳が想像してた高尾山は
1.カップル、家族連れがいっぱい
2.楽に登れる
3.とろろそばを始めとする売店がたくさんある

だけど龍乳たちが選んだのは稲荷山~高尾山~景信山~陣馬山と抜ける距離が長いコース。

オシャレスポットらしきものはありませんでしたcoldsweats01

いつもの登山と違って急勾配やどこが登山路かわからないようなことは無かったけど、かなり歩きました

当然のように(?)快晴なので、遠くまでよく見えましたよ

Dscn0103_01_2

Dscn0107_01_4

数日前に台風並みの強風が吹いたせいか、たくさんの場所で木が倒れてました。
自然ってスゲェなぁ・・・

Dscn0123_01_01


途中、何箇所かに売店があって、休憩したり、食事には困りませんでした。
うどんとかラーメンとか500円くらいで、ちょっと高いかな~と思ったけど、味も良いし量も多かったから良心的かも???山菜の天ぷらも美味しい~shine
Dscn0113_01_4

Dscn0112_01

「登山」というには物足りないんでしょうが、「トレッキング」だと考えれば楽しく過ごせました。体力の無い龍乳にはピッタリでしたよ。
さすがに人気の山なので、とても楽しかったですcatface

スノーシュー in 水上

友人に誘われて、水上で「スノーシュー」のツアーに参加してきました。

スノーシューは西洋かんじきをつけて雪山を歩くことsnow

ツアーの参加者はご年配の方が多くて、龍乳たちは若い部類でしたcoldsweats01

ガイドさんに連れられて雪原を散歩。目的地は一ノ倉沢。そこから谷川岳が見えるそうです。途中に動物の足跡や珍しい木などをガイドさんに説明してもらいながら歩きました。

スノーシューはスノボのブーツか防水防寒性トレッキングシューズをはいた上につけるんですが、トレッキングシューズを持っていない龍乳はスノボのブーツで参加。このブーツ、おそらく10年モノ、しかも友人から頂いた骨董品です。ブーツを履くこと自体が7~8年振りなので、歩くと足が痛い~weep。もともとスノーボードのブーツなんて歩き用にはできてないからね。これはトレッキングシューズが正解だったと思います・・・coldsweats01

晴れているうちに無事に一ノ倉沢に到着。谷川岳の見事な山脈を見ることができました。

因みに谷川岳は遭難事故が多いことで有名だそうで、死者の数が世界ワーストとしてギネスにも認定されているそうですshock

50年前くらいには宙吊りになった登山家二名の遺体を、自衛隊の狙撃班がザイルを狙い撃ちして落下させて回収したなんていう痛ましい事故もあったそうですcrying

見るからに「壁」なのに、これを登ろうとするのですね。遭難事故がおこるのも当然という気がします。

ここでガイドさんたちが作ってくれたウドンで昼食。雪のテーブルとイスで食べる食事は、不思議な気分を味わえます。

今回参加した「フォレスト&ウォーター」さんの2/5のスタッフブログに龍乳たちの事が書かれています。写真もあるので興味がある方は龍乳を探してみてくださいcatface

Ca3a0418Ca3a0421Ca3a0433

Ca3a0426

Ca3a0432

Ca3a0436

より以前の記事一覧


-天気予報コム-
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ