南極旅行(日帰り)

疲れた・・・

仕事を忘れて、どこかに出かけたい。

そう何処か遠くへ・・・

 

 

 

で、思い切って行って来ました、宇宙よりも遠い場所、南極ヘ!

 

 

 

・・・日帰りだけど・・・

 

 

場所は立川にある国立極地研究所 南極・北極科学館。

ホントの南極からはずいぶん近いですが、千葉からはかなり遠かったです・・・・

Kimg1937

モフモフなペンギン。

Kimg1963

昭和基地の部屋。

二段ベッドは二階しかありません。

こんな秘密基地的な部屋が欲しかった。

Kimg1961

長~い氷床ボーリング機器。

Kimg1938

 

昭和基地から南極点まで観測旅行へ行った雪上車。

カッコいい

Kimg1939

 

Kimg1940

 

Kimg1941

 

Kimg1943

スイッチやガスコンロの形に時代を感じます

 

Kimg1945

 

Kimg1946

 

Kimg1948

雪上車の燃費はなんと250m/ℓ!(250Kmじゃないですよ。)

1Km走るのに4リッターも必要です。

ユーノスコスモやRX-7の比じゃありません

 

Kimg1957

 

Kimg1956

 

歴代南極観測船の模型。

Kimg1954

 

「しらせ」ちゃん、かわいい

 

Kimg1953

Kimg1950

 

Kimg1952

 

衛星回線で見れる昭和基地

よく見ると人が動いているのが見えました。

ホントに南極と繋がってるんだと、ちょっと感動。

Kimg1960

 

直径4mの全天ドームスクリーンにオーロラ映像が上映されている「オーロラシアター」も、とてもきれいでした。(撮影不可のため、写真なし。)

他にも隕石や寒冷地にすむ生物の展示などがあり、ゆっくり楽しめました。

立川まではちょっと遠いけど、機会があれば再訪したいです。

 

 

Kimg1936

 

Kimg1934

昼食は久しぶりにお肉をいただきました。

連勤の疲れが少し癒されたかな?

Kimg1964

 

Kimg1966

会社訪問ツーリング 3 オマケのグルメ

今回の会社訪問ツーリング。
他にもいろいろ寄り道しました。
 
ただ、例によって雨に祟れました
台風が過ぎた後に出かけたので、「台風一過」の快晴を期待したんだけどな~。
 
まずは由比で食べた「ごはん屋さくら」の「静岡てんこ盛丼」。
づけまぐろ、生桜えび、釜あげ桜えび、釜揚げしらす、桜えびといった静岡グルメがいっぺんに食べれます。
 
Kimg1666

Kimg1667

 
抹茶の濃さが選べるジェラートのお店「ななや」
 
Kimg1709
 
もちろん一番濃い7倍を選びました。 
かなり濃厚な味でしたが、普通に美味しかったですよ。
 
Kimg1708
 
Kimg1710
 
「ぬのはし」で遠州焼き。
キャベツの代わりにタクアンが入ったお好み焼きです。
「タクアン!?」と思ってましたが、意外に美味しかった。
 
Kimg1744    
 
このお店はカキ氷も有名。
いろいろなシロップがかかっている「バラエティ」にしました。
カキ氷、かなり大きいです
店員さんから「真ん中から下に食べていくとこぼれない」とアドバイスをいただきましたよ。
 
Kimg1745
 
Dscn3917
 
「お好み食堂 伊東」で富士宮焼きそば
 
Kimg1746
 
目の前の鉄板で作ってくれたのですが、隣の人が頼んだお好み焼きがすっごく美味そう!
私の胃がもう少し大きければ、そっちも食べたのに!
 
Kimg1747
 
 
そして「さわやか」のハンバーグ!
今回の旅の最大の目的です。
 
泊まったビジネスホテルの近くにお店がありました。
チェックインする時にフロントのお姉さんに聞いてみたら、
「依然泊まったお客様が2時間待った」そうです!
 
「行くなら今くらいの中途半端な時間がいいですよ」と教えてくれました。
夕食にはかなり早い時間だったけど、行ってみたところガラガラ。
 
ラッキー♪
 
待望のハンバーグがこちら!
や~っと食べる事ができました。
 
Kimg1706
 
だけど期待が高すぎたのか、正直こんなものかなぁという感じ。
確かに美味しいんだけど、並ぶほどかなぁ・・・。
 
でも食べる事ができて満足です。
またひとつ、やりたい事がクリアできました。
 
 

会社訪問ツーリング 2 バイクと楽器

今回のミッションはライバル社に潜入して情報を得る事。
愛用している某社のロゴが入ったジャケットは事前に脱いでおきました。
私が保菌者とバレないように・・・
 
 
 

その潜入先は・・・
ヤマハ発動機株式会社
バイクと楽器で有名な超一流企業です。
 
Kimg1742  
 
 
見学ができるコミュニケーションセンターに入ると、鈴鹿8時間耐久レース4連覇中の最強マシンYZF-R1がお出迎え。
むむ、チャンピオンマシンを惜しげもなく見せるとは・・・
 
 
Dscn3860
 
1階には新型車や実際にまたがれるバイクが準備されてました。
ヤマハの秘密に実際に触れることができます。
 
Kimg1725
 
Kimg1721
 
Dscn3866
 
最近、ヤマハが力を入れている前二輪のバイク。
コレを実際に市販するところがスゴい・・・。
 
Dscn3862
 
TZは実際にまたがる事ができました。
レーサーのハンドルの低さにビックリ。
腹がツカエて前傾姿勢になれませんでした・・・。
 
その奥にはYZF-R1のシミュレーターがあり、最高で284Km/hを体験できます。 
 
Dscn3867
 
現行のフェーザー。
日本では売っていません。
 
Dscn3864
 
Kimg1719
フェーザーといったら、やっぱりコチラ。
たまたまタミヤで撮りました。
 
Dscn3828
 
ヤマハといったらコチラのイメージも強いですよね。
トヨタ2000GT。
まさに憧れの名車。
 
Kimg1724
 
Kimg1722
 
Dscn3886
 
 
二階は歴代ワークスマシンを展示。
ああ、ここに住みたい・・・。
Dscn3910
 
ヤマハの英知が詰まったスーパーマシンたちがズラリと並んでいます。
 
Dscn3891
 
Dscn3890
 
Dscn3906
 
Dscn3888
 
カウルの横に大型エアダクトが付いた、この頃のデザインが大好きです。
 
Dscn3892
 
Dscn3893
 
オフだってあります。
Dscn3904
 
その他にも名車たちがせいぞろい!
ヤマハテクノロジーが満載のマシンたちです。

Kimg1734
 
Dscn3900
 
Dscn3903
 
Dscn3902
 
ヤマハの秘密がつまったコミュニケーションプラザ。
スズキファンでも入れましたので、静岡においでの際には立ち寄ってみては???
 
Dscn3914
 
 
オマケ
 
コミュニケーションプラザの前で何かイベントやってました。
そこにあったYSRのサイクロン号。
友人たちに見せた写真で一番ウケました。
 
Kimg1739

会社訪問ツーリング 1 プラモデルの聖地

模型メーカーと聞いて、最初に思いつくのはバンダイ。
小学生の頃はガンプラブームの真っ最中。
プラモデル=ガンプラでした。
 
だけど一番親しんだのはアオシマの100円で4個買うと一台のロボットになるアレ。
一個100円という金額の上、接着剤不要という組みやすさ。
余ったパーツでオリジナルマシンが作れちゃうのも魅力でした。
 
ただ今回訪問したのはコチラ。
 

Kimg1702

 
幼い頃も、大人になった今でも「大人のプラモデル」のイメージです。
子供がおいそれと買って組上げられるプラモではありません。
ただ私の次の世代あたりは「ミニ四駆」があったので、もっと身近なイメージなのかな?
 
正面入り口からお邪魔します。
入り口に池があって鯉が泳いでるよ。
 
雨の中、千葉からバイクでやって来てボロボロになったオッサンには入りづらい一流の雰囲気。
スーツで来れば良かった
 
社内にあるショールームの見学は事前予約制。
受付のお姉さんに名前を告げていざ入館!
 
Kimg1673
 
Dscn3803
 
Dscn3783
 
Dscn3789
 
Dscn3829
 
 
Kimg1693
 
Dscn3799
 
 
・・・私はこんな部屋に住みたい・・・
 
Dscn3801
 
Kimg1675
 
Dscn3785_2
 
Dscn3794
 
良い商品は箱絵も良いね
 
 
Dscn3791
 
Dscn3790
 
ラジコンは子供の頃のあこがれ。
我が家のお年玉でも買えない額でした。
テレビで放送されていた「タミヤRCカーグランプリ」を見るのが精一杯でした
 
他にも実車の展示も行われています。
 
Kimg1694
 
Dscn3821
 
タイレルフォード!6輪の美しさよ!
 
Kimg1691
 
Dscn3811
 
Dscn3808
 
ワーゲンオフローダー。
これのラジコンが欲しくて欲しくて堪りませんでした・・・。
 
Dscn3814
 
Dscn3822
 
Dscn3824
 
Dscn3844
 
その他、いろいろな実車がありましたよ。
 
私以外は数組しかいなかったので、ゆっくり静かに見学できました。
静岡に行く前に、ぜひタミヤのHPで予約して行ってみてください
 
Kimg1703
 

岩手旅行 青の洞窟

Kimg1522
 
 
 
青。
青といったら戦隊モノのNo.2のイメージ。
クールで主役である赤のライバル。
ただ、これは古い話で最近はそんな事もないみたい。
No.2の座は黒とか他の色に取られてるそうな。
 
 
後は芸術だとゴッホのイメージ。
「ひまわり」の黄色より青の印象が強いです。
 
青って見てると心が落ち着きますよね。
なんでこんな気持ちになるのかな?
 
Kimg1519
 
岩手旅行。
わんこそばだけで終わるのは寂しかったので、龍泉洞に行ってきました。
龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つとされる鍾乳洞
 
Kimg1545
 
洞内に入ってみると、かなりひんやりします。
洞窟内は年間を通して約10~11℃くらいらしい。
半袖一枚の龍乳は、かなり寒い思いをしました。
 
Kimg1550
 
暗闇の中、洞窟の奥へ向かって細い通路を進んでいきます。
青くライトアップされた洞窟内は、まさに異世界。
気分はインディージョーンズです。
 
Kimg1542
 
洞窟の中には地底湖もあり、テンションが上がりまくりです。
なんだか秘密のダンジョンに迷ったような、そんな気持ちになれます。
 
Kimg1532
 
以前に行った大谷資料館みたいに、非日常が味わえるスポットでした。
 
 
さてここで前回の回答。
人間、「もう無理!」と思ってからも、かなり食べる事ができました。
我ながらビックリ。
 
Kimg1637
 
因みにその日の夜に就寝後、深夜に腹痛で目が覚めました。
・・・なんでここまでしたんだろう・・・・
 
 

岩手旅行 お椀の数は幾つ?

友人との飲み会で誰かが言った、「わんこそば食べてみたいよね」という話から、ホントに岩手まで行ってきました。
 
Kimg1469
 
Kimg1470
 
新幹線を降りたらお馬さんがお出迎え。
「チャグチャグ馬コ」というお祭りをやってたみたい。
 

Kimg1476

さっそくわんこそばの有名店、「東家」さんに向かいました。

 
Kimg1478

 

Kimg1482

100杯食べると、記念に手形が貰えるそうです。
大食いは得意では無いけど、100杯を目指してみたいと思います

お蕎麦は普通においしいですが、やはり数を重ねてくると辛くなってきました。
いろいろな薬味が付いてくるので、味に変化をつけながら食べていきます。

最初のピークは50杯目。
正直、ここでかなりピンチになりました。
 
食べ続けていくと、「オレ、何でこんな事してるんだっけ・・・」という当然の疑問が
そこからは根性でお椀を積み重ねて行きました。

最後は切りの良いところで止めちゃおうと決断して終了。

さて、お椀は幾つでしょうか?
正解は次回のブログで

Kimg14851

 
 

栃木ツーリング1 ニラそばと大谷石

友人に会いに餃子の国へ行ってきました。
 
栃木で友人と合流するまでに、自宅を出て3時間以上がかかりました。
これだけでもすでに小ツーリング
ただ、道はのんびりとしてたので、そんなに苦にはならなかったなぁ。
 
ツーリングの予定だったのですが、天候が怪しいので友人のクルマでお出かけとなりました。
お互い「晴男」を自称しているのですが、天気は正直ですね
 
まずは「宮入そば」で昼食。
名物のニラそばを大盛りで頂きました。
 
Kimg1356
 
そばの上に「これでもかっ!」ってくらいのニラがのってます。
ニラの味が強すぎるかと思ったけど、そうでもなくて食べやすかった。
特別な麺つゆもあるみたいだから、次はそちらにもチャレンジしたいな。
 
Kimg1357
 
お次は私のリクエストで大谷資料館。
一度、行ってみたかった場所です。
 
Kimg1359
 
まるで地下の秘密帝国っていう感じ。
特撮かゲームの世界に迷い込んだようで、不思議な気分が味わえました。
カメラで上手く撮れないのが残念!
 
Kimg1375
 
Kimg1410
 
Kimg1391
 
Kimg1385
 
大谷資料館の自動販売機。
大谷石製でした(?)
 
Kimg1425
 
続いて「バンダイミュージアム」へ。
 
Kimg1426
 
ガンダムメインかと思ったら、超合金や昔のおもちゃがいっぱいでした。
子供の頃に買ってもらえなかったなぁ。
 
Kimg1430
 
Kimg1434
 
Kimg1432
 
もちろんガンダム関係もいっぱいでした。
 
1/144のホワイトベース、超デカいです
 
Kimg1440
 
Kimg1438
 
ボックスアート集、カッコいい!
 
Kimg1443
 
 
最後は来らっせのぎょうざで〆。
クルマの友人を差し置いて、ちゃっかりビールをいただいちゃいました。
スイマセン。
 
Kimg1448  
 
Kimg1447
この後、私はホテルで一泊。
久しぶりのホテル泊です。
 
続く

房総ツーリング 2 ぬれ煎餅アイスと長九郎稲荷神社

犬若食堂で食事をした後、犬吠崎灯台へ。
小学生のころ、学校の授業で来た覚えがあります。
改めてみると、こんなに小さかったっけ・・・。
 
Kimg1278_2
 
因みに前にある白いポストは本物のポスト
銚子郵便局で風景入りの消印を押して発送されるそうです。
 
せっかくなので、いっつも人に雑用頼む上司から頼まれた郵便物を投函してみました
いつに届くかな?
 
食後のデザートにぬれ煎餅アイス。
アイスクリームと銚子名物ぬれ煎餅が奇跡のドッキング
 
食べてみると、この意外な組み合わせが・・・。
 
・・・・煎餅、別にして下さい
甘いアイスにしょっぱい煎餅がまったく合わないよ・・・
 
Kimg1279
 
Kimg1282
 
ここでちょいと寄り道。
長九郎稲荷神社。
 
Kimg1276
 
雑誌で鯛と鰯の鳥居を見て、今回のツーリングに組み込みました
 
ナビには場所を登録したのですが、到達するのに苦労しました。
海岸沿いから見えてはいるのに近づくことができません。
 
やっと近づいたら民家の一角の裏手。
駐車する場所もなかったので、バイクを道端に止めさせてもらって写真だけ撮ってきました。
同行者たちを待たせて寄ったので、ゆっくり見れなかったよ
 
 
最後は家族へのお土産に今川焼きを購入。
この今川焼き、かなりの大きさです。
手渡されたとき、その重さにビックリしました。
 
Kimg1286
 
Kimg1285
 
Kimg13431
 
家で温め直して食べました。
中までアンコがぎっしり。
餡がそんなに甘すぎないので、食べやすい。
大きいから、かなり食べ応えありますよ
 
自宅からあまりに近いので、ほとんど行ってなかった銚子。
意外と楽しくて、今度はソログーリングで行きたくなりましたよ

銚子ツーリング 1 屏風ヶ浦と犬若食堂

またまた会社の同僚に誘われてツーリング。

近場がいいという人と長距離走りたいという人の意見が対立した結果、何故か銚子に向かうことになりました。

最初の休憩ポイントは飯岡の形部岬展望館。
眺めがいいですね。
 
Kimg1263  
 
望遠鏡が無料だったけど、レンズが白っぽくなっていて良く見えなかったよ
まぁ、無料だしな。
 
Kimg1251
 
Kimg1250
 
パラグライダーを楽しんでいる人が目の前を飛んで行きました。
気持ち良さそう~
Kimg1258
 
展望館の横には飯岡灯台が。
こんな小さくても灯台なの?
 
Kimg1257
 
続いて銚子ドーバーラインを抜けて屏風ヶ浦へ。
こちらもすばらしい眺めです。
 
Kimg1266
 
Kimg1265
 
屏風ヶ浦近くの「犬若食堂」で昼食。
サルエビの搔き揚げが有名なのですが、今回はミックスフライ定食にしました。
 
ちょっと入るのを躊躇しそうな外観です
 
Kimg1274
 
Kimg1271
 
すっごくボリュームがあって食べ応えがありますよ!
味は・・・まぁ普通かな
 
続く
 

古代アンデス文明展

国立科学博物館で「古代アンデス文明展」を見てきました。

友人のリクエストだったのですが、見に行った全員、「アンデス文明って何?」という輩ばかりです。

大丈夫かいな

 
今回の展示会で衝撃を受けた2点。
 
「自身の首を切る人物の象形鐙型土器」
首の角度がスゴイことに・・・。
儀式らしいのだけど、「自身」の首を切るって・・・ 
 
Kimg1131
 
 
Kimg1130
 
そして、「死んだ男性と生きている女性の性行為を描写した鎧型注口土器」
宗教的な意味があるんだろうけど、独特な風習にびっくりしてしまいます。
 
Kimg1147
 
他にも少女のミイラもありましたが、写真撮影禁止でした。
ミイラは見てて辛いので、撮れても撮らなかったけどね・・・。
 
 
その他、いろいろ見てきました。
 
サル人間の図像が彫られた石板
「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」に出てきた「ハヌマーン」に似ている・・・
Kimg1123
 
ワリ文化の土製のリャマ像
2トーンで何かかわいい♪
 
Kimg1122
 
こちらはナスカ文明のお皿。
同じくリャマらしいんだけど、ドラゴンかと思いました 
 
Kimg1154
 
人間の顔が描かれた多彩色鉢。
血の涙を流したり、舌が飛び出ているから、敵を考察した姿と考えられてるそうです。
 
こんな感じで切られた首を描かれた展示がとても多かったです。
やはり敵を倒す→首を切るという流れだったのでしょうね。
 
Kimg1170
 
なんだか「アギラ」に似ている像。
タカ?ワシ?
 
Kimg1168
 
新巻鮭みたいな壷。
魚のつるし方は、どこの世界も同じなのかな。
 
Kimg1176
 
デザインも思想も独特で、無知でもじゅうぶん楽しめました。
 
Kimg1178
 
国立科学博物館は常設展もあり、こちらも見応え十分・・・なのですが、今回はパス。
全員、足腰がパンパンで、とても見る元気がありませんでした。
鈍ってるなぁ・・・
 
 
 

より以前の記事一覧


-天気予報コム-
フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ