« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

ロッキーバーガー 利根店

いつもと同じように図書館行って本屋に行ってた休日。
天気が良いし愛車も復活したので、ふらっと隣の県まで昼ご飯を食べに行くことにしました。
 
向かった先は千葉県から利根川を渡ってすぐの茨城県にある、ロッキーバーガー。

お店はとってもレトロな雰囲気。
昔の「ドライブイン」という佇まいです。
そういえばウチの近所の国道にもドライブインがあったけど、気づいたらなくなっていたなぁ。
Ca3a1661

中に入ると昔懐かしいラジカセがお出迎え。
何故か駄菓子も売ってました
Ca3a1657
カウンターの前にはお客さんが一人。
奥からお店のオバチャンに「ちょっと待っててね~」と言われちゃいました。
どうやらお店はオバチャンが一人で切り盛りしてるようです。

待っている間にメニューを吟味。
貼り出されたメニューが、いい感じに色あせてますな
Ca3a1658
チーズバーガーやテリヤキバーガーとかありましたが、初めてなので普通のハンバーガー、ポテト、ホットコーヒーにしました。

注文してから作ってくれるようなので多少時間はかかりましたが、出来立て熱々のハンバーガーをいただきました。
Ca3a1659
Ca3a1660
正直、どんなハンバーガーが出てくるのか不安でしたが、どこぞのチェーン店よりぜんぜんおいしいです。
む~、こうなると他のハンバーガーも試してみたいけど、家からだとちょっと遠いんだよね~。
だけどまた食べに来たいです。

スカイウェイブ 復活

スカイウェイブ、やっと復活しました。

Ca3a1667_2
いや~長かったなぁ・・・。 キャリアを取り付ける専用ステーが真っ二つに折れてから約3ヵ月。
まさかの部品欠品で、オークションで探すことになりました。
私が探していたのはステーのみ、単品でなければキャリア付でもと考えてました。
だけどキャリアというオプションパーツの、しかも取付用ステーということで、ほとんど出品がありませんでした。
あってもキャリアのみがほとんど。
でもキャリアを外してもステーまで戻したりしないだろうから、出品が無いのも頷けます。
(もともと付いていたステーを取っておいてないだろうし)
そういえばキャリアだけの出品はそこそこありましたが、専用のステーが無いと本体にキャリアは取り付けられないんだけど、落札する人は大丈夫なのかな?

そんな事で、ステー付きの出品を見つけた時は狂喜乱舞しましたね。
そこから人生初オークションで競り落としました。
他にも入札者がいたので、落札できるかドキドキでしたよ。
パーツが送られてきてから、例によって友人のJ君の全面協力により無事取付完了!
J君、いつもありがとうございます。
Ca3a1655
Ca3a1656
ちょうど涼しくなってきたし、どこかに行ってこようかな???

だまし絵Ⅱ&オルセー美術館展 寄り道

美術館に行く前日、本屋で一冊のバイクのレプリカ特集本を購入。

購入の決め手はなんと言っても表紙。
RG-γのウォルターウルフカラー
Ca3a1641

非常に思い入れのあるバイクです。

このバイクが登場したころ、私は学生。
バイクに少し興味が出てきたところでした。

当時のバイクレース界はホンダとヤマハが全盛。
スズキワークスは一時撤退していて、レースに出ているのは旧型のマシンでした。
全日本選手権で、最新型のホンダNS・ヤマハYZRに対抗する旧型のスズキRG-γ。
そのRG-γが水谷選手の乗るウォルターウルフカラーに包まれたマシンでした。
黒(濃紺)に赤いライン。
金色に縁取られた狼。
カッコ良すぎ・・・。
旧型マシンで最新型に対抗する水谷選手。
すっごく憧れました。

ここから鈴菌に感染したんでしょうね
今回、雑誌の発売記念で代官山の本屋さんにRG-γが飾られることになりました。
場所も美術館から近いので、何てグッドなタイミングでした。
本屋なので、中での写真はNGでしたがじっくり堪能してきました。
500ccエンジンを積んでいるのに、ずいぶん小柄に見えます。
市販されたRG-500γと並ぶと余計に小さくみえるなぁ。
ウォルターウルフカラーのヘルメットもかっこいい・・・。
Dscn1392
ウォルターウルフカラーのRG-γ、何ccのでも良いから乗ってみたいですね。
だけど売っていたとしても旧車過ぎて、とても維持する自信がありません。

なのでプラモで我慢します。
Ca3a1642
これはこれで作る自信がまったくないのだけど・・・

だまし絵Ⅱ&オルセー美術館展

急に涼しくなってきて、だんだん秋めいてまいりました
気が付けば9月なんですね。
龍乳が一番好きなシーズンです。
いつの間にか8万Hitも達成していました。
ありがとうございます。
こんなブログでもここまでこれてビックリです。
なんでも、長く続けるって言うことが重要なのですね。
 
7月に尾瀬に行ってから、どうも魂が抜けたような気分です。
というのも、行くことが決まってからというもの、休日はいろいろ下調べや準備に使っていました。
それが終わってしまって、土日はすっかり休んでるだけ~となってしまいました。
やっぱり人間て目標が無いとだめですね。

そんな事で休日を無為に過ごしていたので、気分を変えるために美術館に行ってきました。

最初に行ったのはBunkamuraで催されている「だまし絵Ⅱ」。
以前、佐倉にある美術館で開催されたエッシャー展が面白かったので、今回も期待していきました。
エッシャーみたいな絵のトリックのものから、なかなか凝った立体物が多くあり、それなりに楽しめました。
だけど絵を楽しむというより、高尚なトリックアート展みたいな感じでした。
ちょっと期待していたのとは違ったかな?
どちらかというと、家族で楽しむ企画かもしれません。
Ca3a1631
Ca3a1639
 
ちょっと消化不良だったので、美術館をハシゴすることにしました。
実は途中で寄り道したのですが、それはまた今度。
 
次に行ったのはオルセー美術館展。
19世紀の印象派の作品がメインです。
Ca3a1637
 
「笛を吹く少年」や「晩鐘」など、学生頃の教科書でお馴染みの名画たちが展示されていました。
 
個人的にはミレー の「晩鐘」が良かったですね。
教会の鐘の音に対して祈りを捧げる農民の姿が、とても心に来るものがあります。
おもわずクリアファイルとポストカードを買っちゃいました
Ca3a1638
 
美術館をハシゴしたら、足腰がフラフラです。
でもなんだか気持ちがスッキリしました

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »


-天気予報コム-
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
無料ブログはココログ