« 2013年1月13日 - 2013年1月19日 | トップページ | 2013年1月27日 - 2013年2月2日 »

日本ハム 糸井・八木選手トレード

違うネタで久しぶりにブログを更新しようとしたら衝撃のニュースが。
日ハムの糸井外野手がトレードでオリックスに行くことになりました。
日ハムが糸井選手・八木投手、オリックス側が木佐貫投手・大引内野手・赤田外野手。
しかし両チームともよくこの選手を出したなっていう感じですbearing

最初見たときはネタだと思いました・・・shock
何で4年連続3割・20盗塁以上・強肩外野手をトレードに出すのでしょうか?

今回は複線があって、糸井選手が年俸更改でもめていたり、今シーズン終了後にメジャーに挑戦させてくれと言い出したこともトレードされた一因じゃあないのかな?

ハムのトレードはとても下手で、ほとんどの場合、放出した選手が長く活躍し、取った選手が短命で終わります。
今回も同じようにならなきゃいいけど・・・。

一緒にトレードされる八木投手は思い入れのある投手です。
新人のときに延長10回までノーヒットノーランの快投を見せていたのですが味方の援護が無く降板。
その後、マイケル中村・武田久と繋いでノーヒットノーランを達成しました。
(記録上、継投でのノーヒットノーランは認められません)
その年は新人王にもなり、未来のエース候補と期待された投手でした。
ただその後は怪我で思うような結果が残せなかったのですが、昨年は6勝を上げて復活を予感させる活躍でしたscissors

二人の代りに来る選手はハムの補強ポイントに合ってると思います。
木佐貫投手は元巨人でオリックスではエース級の活躍をした投手。
ただ、味方の援護が無くあまりよい結果は残ってません。
ハンカチ王子斉藤祐樹が怪我で開幕に間に合わないこと、去年大活躍した吉川も同じく怪我でどうなるかわからないなど、先発投手の数がどうしても足りません。
一年間フルに働ける投手はどうしても必要でした。
去年は中継ぎの多田野・谷元投手を先発に回すくらい先発の頭数が足りませんでした。
来年は武田勝・吉川・ウルフ・中村に木佐貫投手が加われば、選手層が厚くなると思います。

ハムの長年の補強ポイントとして、金子誠選手に代るショートの育成が重要になっていました。
ハムのような守って勝つ野球では守れるショートが絶対必要なんです。
金子選手は守備は鉄壁、打撃も隔年coldsweats01で結果を残してくれます。
ただ、37歳の金子選手は怪我がちで、通年を通しての出場はかなり難しい状態。
その金子選手を脅かす選手がいないんです。
そこで今回のトレードで大引選手に白羽の矢が当たったんだと思います。

赤田選手は日ハムには一人しかいない(杉谷内野手)スイッチヒッター。
若い外野陣のまとめ役になってくれる存在を期待しています。

1番セカンドの田中賢介内野手が抜けた上に3番ライトの糸井選手も抜けることになった2013年のハム。
いったいどうやってスタメンを決めるのかも不安な状態ですbearing

だけど木佐貫投手が入って厚くなった先発投手陣、不安だったショートの問題も緩和され、ある程度は期待できるのではないでしょうか?

まずはオープン戦がどんなスタメンで来るのか見てみたいですね。

そろそろケンケンさんとの順位予想も始めないと・・・・catface

« 2013年1月13日 - 2013年1月19日 | トップページ | 2013年1月27日 - 2013年2月2日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ