« 2012年6月10日 - 2012年6月16日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »

太陽の牙 ダグラム 2

さてさて休みのたびにちまちま見ているダグラムのDVDですが、やっぱり面白い。
今回は2巻目。

デロイア星訪問中にデロイア独立を掲げるフォン・シュタイン大佐たちに拉致された地球連邦評議会議長のドナン・カシムを救出するために、息子のクリン・カシムたちがラウンドフェイサーで監禁されている議事堂へ進攻します。
敵を制圧し、父・ドナンの監禁されている部屋に突入して見ると、あれれ?何故かドナンが監禁の首謀者、フォン大佐と仲良く席を並べて座っています。
その代わりに銃を突きつけられている他の地球連邦評議会の皆様方。

ドナン曰く、今回の独立宣言はフォン大佐が評議会メンバーたちにだまされた結果起こしたことで、首謀者は彼らだというのですcoldsweats02

唖然とするクリンたち救出チームのメンバーたち。

実はドナンはデロイア星の軍人だけど独立反対の思想を持ったフォン大佐と組んで、独立騒動をでっち上げて独立推進派をあぶりだす作戦だったのです。
フォン大佐の独立宣言を信じて立ち上がったゲリラたちは、続々と逮捕されていってしまいました。

ゲリラ狩りを目の当たりにしたクリンは、父のやっていることに疑問を抱いてしまいます。
悩むクリンはゲリラのリーダー、サマリン博士と知り合うことになり、ここがクリンの人生の分かれ道になりますcoldsweats02

そこでゲリラの新型CBアーマー ダグラムの存在を知ることになるのですが、父・ドナンとの口論で思わずダグラムの存在を口走ってしまいます。

完成したダグラムをサマリン博士と見に行った際に、ドナンがクリンにつけた尾行の所為でダグラムの秘密基地は連邦軍に襲われ、サマリン博士は逮捕、ダグラムも連邦軍に奪われてしまいますcrying

父が自分に尾行を付けた事を知ったクリンはダグラムを奪還、父と決別してデロイア独立のためのゲリラとなる決心をするのでした・・・。

・・・・・

今回の見所はやはりドナンとフォン大佐が仕組んだ狂言でしょうね。

独立するぞ~!→独立を願っていた人たちがみんな立ち上がるshine→独立はウソbleahで立ち上がった人たちを一網打尽crying

やり方がいやらしいですねぇ~sweat01

ただドナンは私利私欲ではなく、地球人類を守るために仕組んだこと。
自身が悪者になっても独立を阻止し、地球のために資源を確保する道を選んだんです。
この歳になって見ると、むやみやたらと独立を叫ぶクリンより、ドナンの意見に頷いてしまいますcoldsweats01

CBアーマーとしては主役メカ・ダグラムの登場がありましたが、それよりもドナン救出作戦でしょうね。
拉致されている議事堂近くに配備されたクラブガンナーを奇襲するために、クリンたちラウンドフェイサー隊は奇襲をかけます。
その方法が何とラウンドフェイサーにハングライダーを付けて飛ばすというもの!
最初見たときは驚いたなぁ・・・まさかロボットにハングライダー付けるなんて・・・。
このハングライダー付きのラウンドフェイサー、プラモにもなったんだよなぁ・・・。

次の間では序盤での最強の敵が現れます

ではではcatface

Not even justice, I want to get truth 真実は見えるか

« 2012年6月10日 - 2012年6月16日 | トップページ | 2012年7月1日 - 2012年7月7日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ