« さよなら絶望先生 | トップページ | 太陽の牙 ダグラム 2 »

太陽の牙 ダグラム 1

以前、居酒屋で馬人さんとダグラムネタで盛り上がっていたら、その馬人さんがDVDを全巻貸してくれましたshine

馬人さん、ありがとう!

一巻目を見始めたのですが、冒頭からダグラムが砂漠で朽ち果てた姿で登場。
そうそう最初から撃墜されることが決まっていた主人公メカなんですよね。

第一話が回想シーンから始まるなんて今見ても斬新だなぁ。

物語は実質二話目から始まります。

地球からの独立運動の機運が高まっているデロイア星に訪れた、地球連邦評議会議長のドナン・カシムらの議員たちを、デロイア星の軍人、フォン・シュタイン大佐たちが監禁する事件が発生します。

ドナンの息子で士官学校の生徒、クリン・カシムは、父を救出するために単身デロイア星に向かいます。

救出部隊の一員として加わることができたクリンが、連邦軍のCBアーマー、「ソルティックH8ラウンドフェイサー」に乗って、救出作戦に参加します。

一巻目はここまで。

一巻を見終わったのに、一話目の回想シーン以外でダグラム出てきません!coldsweats01
主人公のクリンが乗っているのも、この後で敵メカになるラウンドフェイサーだしsweat01
アムロが最初はザクに乗っているような感覚ですね
この辺もスゴイ展開だなぁcoldsweats02

ドナンがデロイア星に向かう宇宙船が離陸するときに、テロリストがラウンドフェイサーを奪って宇宙船を撃墜しようとするシーンが懐かしい!

テロリストのラウンドフェイサーに対して、連邦軍はジープに載せた対CBアーマー用ライフルで対抗します。
対CBアーマー用ライフルに気づいたテロリストが、ジープを破壊しようとするんだけど何故か照準が合わない。
実はジープはゆっくりとバックしていて、素人だったテロリストはそれに気づく事ができずに照準を合わせることができません。
巨大なラウンドフェイサーの銃口を向けられているのに、ジープの兵士がコクピットに向かって冷静に狙いを定めます。
そしてコクピットを狙撃され、テロリストのラウンドフェイサーは沈黙します・・・。

たとえ新兵器を奪っても、戦闘のプロには勝てないっていうところが、おぉ~っていう感じだったなぁ。

続きは2巻を見てからねhappy01

あぁプラモが欲しくなっちゃうなぁ・・・catface

Not even justice, I want to get truth

真実は見えるか

« さよなら絶望先生 | トップページ | 太陽の牙 ダグラム 2 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

>よしもさん
先日はお疲れ様でした。
ウチらはそのまま成田に戻って解散となりました。
みんな食べ疲れて眠そうでしたよcoldsweats01

りゅーにゅーさん
昨日はお疲れ様でしたhappy01あのあと、ららぽーとで『MIB3』を見ましたwink
いまいちなんで敬遠してましたが、見てよかったですよhappy02
というか、説明が上手なので早く続き書いてくださいねlovely

>ぼんぼんさん
対アーマーライフルでコクピットを狙い打つシーンは本当にシビレますよ!
ダグラムは未だ未登場なので活躍が楽しみですが、確かに無双を誇っていた記憶があります。
一応「Xネブラ」と「二重装甲」だから~という理由が付けられていたけど、ちょっとねぇ~catface

>よしもさん
登場人物は軍服着たオッサンばっかりだし、ゲリラ戦ばっかりだし、今見ると子供が見ても????って感じだなぁ~と思います。
私みたいなオッサンこそ喜びそうですよcoldsweats01

こんばんはhappy01
太陽の牙ダグラムですか。あまりにリアルな内容だった為に子供の頃は敬遠しましたcoldsweats02
最後はダグラムぶっ壊れるんですねcoldsweats01

ストーリー知りたいので早くDVD見てくださいねhappy02

対アーマーライフルの巻、よ~く憶えてますよ!

第2次大戦前期まで実際にあった ”対戦車ライフル”を意識した兵器だな、、
と思いました(当時から兵器オタクでした 苦笑)

どのコンバットアーマーもなかなかダグラムに敵わないのが個人的には不服でした(*_*)
敵の弾が全部弾かれちゃうのが「ずる~い」と思いました

でも好きで結局全部見てました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さよなら絶望先生 | トップページ | 太陽の牙 ダグラム 2 »


-天気予報コム-
フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ