« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

川村美術館

佐倉市にある川村美術館が創立記念日で無料解放されたので見に行ってきました。

初めて訪問したのだけど、とても綺麗な美術館で驚きました。

周りに広がる木々と、白鳥が泳いでいる大きな池があって公園のようでしたよ。

春になったらいろいろな花が楽しめそうだなぁ。

Ca3a0841

無料開放なので混雑するかと思ったのですが、朝イチで来たのでお客さんはまばら。

龍乳は絵も詳しくないので、とりあえずブラブラと見学。

まだまだお客さんが少なかったので展示室によっては龍乳一人しかいなかったりしたけど、この凛とした雰囲気が逆に気持ちいい。

展示品のなかにはピカソ、シャガール、モネといった龍乳でも知っている画家の作品も何点かありました。

多くのお客さんが足を止めるのはやっぱりそう言った有名どころの絵が多かったですね

1時間くらい見学したあと、気に入った作品を見ようと2周目に入った時にはかなりのお客さんが来てかなり賑わい始めました。

遅れてきてたらあの静かな雰囲気を楽しめなかったね。危ない危ない。

今回見学した中ではマックス・エルンスト の 「石化した森」、フランシス慎吾の「深淵(紫)」が一番気に入りました。

因みに二人ともこの日初めて知りましたよ

自分へのお土産にシャガールの「赤い太陽」のポストカードを買って帰りました。

午前中いっぱい見学させてもらって、なんだか心が満たされた気分です

Ca3a0847

ツインテール

さてこのタイトルをみて、何を思い浮かべましたかね?

女の子の髪型を連想した方は真人間です。

・・・現実世界でツインテールの女の子なんて見たことない気もしますが

ツインテールと聞いて龍乳が思いつくのは・・・

「グドンのエサ」

・・・ハイ、普通の方、おいてけぼりですね。スイマセン

「帰ってきたウルトラマン」に出てくる顔が下にあって、頭頂部に二本の尻尾(ツインテールの由来)がついている怪獣の名前です。

幼少の頃、先にツインテールという言葉で覚えたのがこちらだったので、龍乳にとってツインテールといえば怪獣なのです。

なんで急にそんな話をするのかというと、たまたまネットでこの怪獣が登場する話を見たから。

実はこの回のお話はなかなか骨太で面白い。

地球防衛軍にあたるMAT(マット)が、最初ツインテールのタマゴを発見するけど対応を誤って見逃してしまう。

その後に登場したグドンも判断ミス(実際は避難が遅れた子供のため)で、逃がしてしまいます。

見逃したタマゴからツインテールが登場。

地下に閉じ込められた人たちを守るためにウルトラマンが現れるんだけど、頭頂部から二本の尻尾を振り回し、下からは噛み付いてくる変則攻撃にウルトラマンは苦戦します。

そこにツインテールを主食とするグドンまで現れて、二大怪獣の前になんとウルトラマンは破れてしまいます。

MATが失態の連続な上に、ウルトラマンまでが敗れたために、防衛庁長官が東京全土をも焼き払う爆弾を怪獣に使うことを決定するが、MATは隊長以下全員で再度怪獣への攻撃を進言します。

このあたりがアツくていいんですよ

長官が折れて最後のチャンスを貰ったMATがチーム一丸となって怪獣に向かっていく・・・。

その時の作戦も凄いんです。

ツインテールに対して、なんと10メートルの近距離から目を潰す作戦です。

ツインテールの顔が下についているから、いつものマットアロー(戦闘機)ではなくてジープを使って接近します。

10メートルってかなり近くね?

文字通り決死の覚悟で怪獣に向かうMATの戦いぶりがスゴくいいんです。

最終決戦はやはりウルトラマン対二大怪獣になるんだけど、MATが効果的にウルトラマンの援護をしたおかげで見事に勝利します。

こんなに役に立っている地球防衛軍って珍しいんじゃないかな?

全員ボロボロになりながらも、辛くも勝利した隊員たちを隊長が一人一人に対して労います。

無能な上司(長官)に困らせられながらも、中間管理職(隊長)の下でぶつかり合いながらも一丸となって仕事を成し遂げていく社員(隊員)たち・・・

プロジェクトXか!

因みに何が一番スゴいかっていうと、これがまだ「6話」だってこと。(全51話)

最終回って言われても可笑しくない話の出来栄えですよ

爆弾ハンバーグ

白井に用事があって、その帰り際に千葉ニュータウンの辺りをフラフラしてました。

そこで昔テレビで見た爆弾ハンバーグのお店、FLYING GARDENがあったので入ってみました。

そういえばいったい何が「爆弾」なのかすっかり忘れてます

メニューを見ると小判型のハンバーグが2個と温野菜が鉄板にのってます。

鉄板で油が弾けるから爆弾なのかな?

ランチタイムだったので、1000円くらいでハンバーグにライス、スープがセットでついてきました。

龍乳は爆弾ハンバーグのニンニクソース、ライスは50円プラスしてガーリックライスを注文しました。

爆弾ハンバーグを頼むと、店員さんがおもむろに油よけの紙をくれました。

「ハンバーグが来たらこの紙を持ってくださいね♪」

そんなに油がはねるのかね~?

スープをセルフでとってきて、飲みながら待っていると運ばれたハンバーグは小判型のが一個。

あれ、写真だと2個だったのに・・・・

しかも別に油が飛ぶほどジュージューいってないなぁ・・・

一応鉄板の前で紙を防波堤のように立てましたが、必要なさそうです。

ちょっと期待はずれ

「ではお切りしますね~♪」

は?

おもむろにお姉さんがハンバーグを上下に切り分けて、切り口を鉄板で焼き始めました。

おぉ、だから二個だったのか!

それからソースをかけてもらうと、鉄板の上は大騒動!!

紙のシールドが龍乳を守ってくれました

中がレアのままのハンバーグが、ミディアムになるくらいになるまで待っていただきました

味は凄く旨いか~と言われると困っちゃいますが、普通に美味しいですよ

ガーリックライスは鉄板にのってアツアツで、バターがのっていて旨かった

なお、ここはライスおかわり自由なのですが、ガーリックライスだとおかわりは普通のライスになります。(50円プラスすればおかわりもガーリックライスになるらしい)

しかしハンバーグにはニンニクソース、ご飯はガーリックライスとは、この日の龍乳はスゴい臭かったでしょうね

味はそんなに特筆することがなかったけど、ここの店員さんはすごく良く動いてます

見ていて気持ち良かったよ。

また千葉ニュータウンに来たら、ここで食べたいな

Ca3a0838

Ca3a0839_3

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »


-天気予報コム-
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
無料ブログはココログ