« 成田高校 | トップページ | 北海道ラーメン ロッキー 秀 »

そして誰もいなくなった

東野圭吾さんの小説を読んでいるときに、この小説の話題が出ていて、無性に読みたくなったので図書館で借りてきました。

「そして誰もいなくなった」はアガサ・クリスティ-の名作。孤島の館に集められた10人が童謡になぞって一人ずつ殺されていきます。島には彼ら以外に人はいないため、この中に殺人鬼がいるはず。一人減り、また一人減っていき、人数が少なくなってくるとお互いが相手を犯人だと疑い始めて・・・。

昔に読んだことがあったので、オチは大体覚えてました。だけどやっぱり面白いですね。ラストは秀逸だと思います。

ただ海外モノは、日本語訳の文章がどうも読みづらくて頭に入っていきません。なんというか、ネットで英語の文章を和訳した文を読んでいる感じ。なのでなかなか読むスピードが上がりませんでした。

やっぱり日本のミステリーの方が好きですね

« 成田高校 | トップページ | 北海道ラーメン ロッキー 秀 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成田高校 | トップページ | 北海道ラーメン ロッキー 秀 »


-天気予報コム-
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ