« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

ぶらりオッサン鉄道の旅③

    1時間半遅れではありますが、無事に高松に到着。高松といったら「さぬきうどん」ということで、朝ごはん代わりにさぬきうどんを食べに行くことにしました。

行った先は「さか枝」。官公庁が密集する番町のど真ん中に位置することから、お昼時は公務員・サラリーマン・学生らの行列ができるお店です。

ここはいわゆる「セルフ」のお店。龍乳、初体験です。まずは麺を注文しうどんをもらいます。そして龍乳は卵、かき揚げ、コロッケをとりお勘定をしました。Ca3a0021

龍乳は(大)を注文したのですが、予想以上に麺にボリュームがあって非常に食べ応えがある麺でした。つゆも美味しい。

「さか枝」で腹を満たしたら、次は近くに大きな公園があると言うので、腹ごなしに歩いていきました。

その公園は「栗林公園」。6つの池と13の築山からなる庭園で、特別名勝に指定されています。

入って驚いたのは、広い庭園とそのバックに控える紫雲山の眺め。あまりにも上手く配置されているので、見入ってしまいました。写真で撮ると、その絶妙なバランスが伝わりません。まさに「写真じゃあ伝わらない」っていう感じです。そこから1時間ほど散策しましたが、その優雅な風景を堪能させて貰いました。Pict0048 Pict0042 Ca3a0026

ここからは特急に乗って松山に移動。途中の今治で名物の焼き鳥を食べたかったのですが、店が始まる時間が遅かったため、今回は断念。Pict0054Ca3a0028Ca3a0029

15時半過ぎに松山に到着。そこから路面電車に乗ってホテル、そして本日最後の目的地、道後温泉に行ってきました。道後温泉に来たのだから、「道後温泉本館」に入ろうということになり、行ってみたら人がいっぱい!休憩ができる席付きの入浴は、待ち時間がいっぱいだったため、「神の湯」の入湯のみしていました。

屋上に振鷺閣がとりつけられている木造三層楼の風格のある建物の中に入ると、昔の銭湯を思い起こさせる脱衣所。そして御影石で造られた特徴的な湯釜から給湯されている大きな浴槽。源泉は無色透明、無味無臭の綺麗なお湯でした。ここでゆっくり旅の疲れを癒しました。Pict0058Pict0059あ~極楽、極楽。

温泉を楽しんだ後は、近くの居酒屋で夕食。ここで、食べれなかった今治の焼き鳥があったので、さっそく注文。よしよし。 

そしてこの旅、二回目の乾杯。スケジュールいっぱいの一日でした。Pict0060Pict0061Pict0062

ぶらりオッサン鉄道の旅②

「サンライズ瀬戸」に乗って、四国を目指す旅。電車の振動で目が覚めるともう窓の外は明るかった。寝過ごしたかな?携帯で時間を確認すると5時過ぎでした。Pict0005Ca3a0010

到着は7時半くらいだから、あと2時間くらいかな。何か車内放送がかかっているんだけど聞き逃しました。何だろう??

目が覚めてしまったので、車内を探索してきました。

「サンライズ瀬戸」には私が使った「シングル」以外に、二階建てベッドの「シングルツイン」、幅の広いベッドや独立したデスクや、衛星放送が3チャンネル楽しめる液晶TVや洗面台がついた「シングルデラックス」、ホテルのツインベッドのように左右にベッドが並んだ「サンライズツイン」、そして個室ではなく、皆で雑魚寝する「ノビノビ座席」があります。そのほかにシャワー室やミニサロンがありました。 Ca3a0019Ca3a0014Ca3a0013

 

おきて来た友人と合流して、ミニサロンで朝のコーヒーを飲んでました。もうすぐ7時も近いって言うのに未だに岡山に着いていないようでした。後で知ったのですが、またまた線路に人が入り込んで、2時間の遅れが出ているそうですwobbly

昨日の成田発の特急に引き続いての遅延です。どうなってんの?まぁ今回は急ぎで乗換えがないからいいけどね。

岡山に着いたときに、「サンライズ瀬戸」は高松に行く「サンライズ瀬戸」と、出雲に行く「サンライズ出雲」に別れます。私が乗っている7号車までが「サンライズ瀬戸」です。

で、岡山で切り離しが行われる訳なのですが、撮影をしに「サンライズ瀬戸」から降りたお客さんもいたようでした。その時に聞こえてきたのですが、どうやらお父さんが撮影に降りていて、子供は電車に残っていた様子。その子供から「お父さん!早く乗りなよ!電車出ちゃうよ!!」と、お父さんを繰り返し呼ぶ声が。そのやり取りが少し続いたのですが、だんだん子供の声が必死になってきて、最後は絶叫に。そしてその絶叫の後、あっさりドアが閉まる音と電車が動き出して・・・。

・・・乗れたんだよね?「お父さん」・・・coldsweats02

そこから瀬戸大橋を渡って四国へ。途中で大きなフェリーが渡っていたのでパチリ。Pict0012Pict0019 

約1時間半遅れた9時過ぎにどうにか高松に到着しました。快適だった所為か、長いって感じはぜんぜんなかったなぁ。またこういう電車を利用したいですね。

ありがとう「サンライズ瀬戸」goodPict0027Pict0026Pict0025

 

ぶらりオッサン鉄道の旅①

仕事&青年会が妙に忙しくてかなりテンパってますwobbly

だけど明日からの三連休はめずらしく泊りがけで旅行してきます。ツーリング以外では今年初かな?

行き先は四国。目的は・・・電車に乗ること!happy02

龍乳は特別電車が好きなわけではないのですが、友人で一人鉄道オタク(鉄オタ)がいます。まぁ鉄オタって言っても「XX系の電車が!」「キハ××が!」といったオタではなく、単純に鉄道に乗って旅行するのが好きな友人です。

その彼が「夜行に乗って出かけね?」と誘ってきたので、尻尾振ってついていくことにしましたdog

12日の金曜日、終わらない仕事を終わらせて(?)JRで成田から東京に向かいました。夜行列車の時間の30分以上前に着く予定なので、東京駅で駅弁とかビールとか買う予定でした。

だけど・・・来ない、来ないよ、電車が来ない!!何故に~!

駅の放送を聞いていたら「線路に入ったお客様がいて、列車の到着が10分遅れます」。

何~!弁当買う時間が短くなるじゃあねぇか!乗り換えに10分かかったとして、残り10分か・・・。これ以上遅れたら、弁当なしで一晩過ごすことになるなぁ(夜行列車に食事の販売はありません)。く~・・・。

しかし龍乳の願いが通じたか、これ以上遅れることもなく東京駅に到着。即効で弁当とビールを買って、電車に向かいました。

さていきなり今回最大の目的である列車とご対面しました。

Ca3a0003

■■

列車の名前は「サンライズ瀬戸」。東京から約9時間半かけて四国まで我々を運んでくれます。

龍乳たちの部屋はシングルの1階席。本当は2階席の方が眺めがよいのですが、そこは即完売したそうで、今回はシングルとなりました。う~ん、残念。

二階建てのため、一階の部屋は窓と駅のホームが同じ高さになります。ベッドに座ると、ちょうど目の前をホームを歩く人たちの足が見えます。スゴイPict0002眺めcoldsweats01

22時の定刻にスタート。さて旅の始まりですな。荷解きを済ませたら、ラウンジに行って友人と旅の成功を祈願して乾杯Ca3a0005Ca3a0007Ca3a0016

 

買った駅弁とツマミを食べながら、流れる風景を見てました。こういう「旅をする」っていう雰囲気、大好きです。

しかしハードワークが効いたのか、アルコールが入ったら一気に睡魔が襲って来ました。抵抗むなしく、彼に屈する事にしました。

目が覚めたら岡山辺りかな?

受け入れ態勢

今日は朝起きてから頭が痛い。このところ、青年会と会社の仕事が重なって、忙しい日々を送っていた上、急に寒くなったりしてるために、体がバテているのかも?bearing

青年会の事業の一環で、外国の子供がホームステイするのをお手伝いする事業があります。龍乳の所属する委員会が主担当となって準備しています。まぁ、下っ端の龍乳は雑用係みたいなものなんだけどねcoldsweats01

昨晩にみんなで資料を作って、今日は父兄に説明会です。

今回の事業で、ホームステイする海外の子供たちを受け入れてくれるのは、先月にニュージーランドへ自分のお子さんたちを送り出した人たち。自分たちのお子さんを受け入れてもらったお礼に自分もっていうのが多かったですね

受け入れ側の心配は生活習慣の違い。食事の心配やお風呂(ニュージーランドは朝にシャワーだけというのが多いらしいです)の問題、後は病気になったときにどうするかというのが不安材料みたいです。

相手は小中学生。しかも受け入れ家庭の多くが英語を話せないから、やはり不安なんでしょうね。

それでもニュージーランドのお子さんたちを受け入れてくださる各家庭に感謝です。

蟷螂

久しぶりに自転車を出してみたら、フレームに何やら緑の物体が。よく見たらカマキリでした。我が家は4階なのに、どうやって登ってきたんだろう?

昼食を食べに自転車で外に行って、食べ終わってみたら自転車がパンクしていましたwobbly

ここ最近は乗ると必ずパンクしますweep。空気圧なのか、乗り方が悪いのか?

しょうがないので、自転車を押して帰宅。ちょっと休んでからパンク修理しようかと思ったら・・・・今度は部屋の中にカマキリがいました。さっきのは玄関だったので、違う個体だと思うんだけど、一日に二回もカマキリを見るなんて。とりあえず部屋からは退散願いましたgawk

で、パンク修理したり、部屋の掃除したりして今日が終わろうとしてました。で、一日の終わりにこのブログを書いていたら網戸に何かがぶつかる音が。

まさかと思ってみてみたら、やっぱりカマキリ。一日に3回、しかも自宅で会うなんて。もしかして近くで卵が孵化していたりしてhappy01

そんな変な一日でした。

Ca3a0002

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ