« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

リアル鬼ごっこ

今日はなんと18時から仕事。明日の正午までノンストップです。はぁ・・・。

仕事前に一眠りすることも出来ず、家にいるのも何と無く飽きたので、コーヒーショップで時間を潰してから出勤することにしました。

いつものドトールを止めて、会社に近いコーヒーショップへ。夕方なのでとても空いてました。

読んだ本は山田悠介の「リアル鬼ごっこ」。来月には映画公開も控えているベストセラーになったホラーです。

題名に惹かれて読んでみたのですが・・・

時は西暦3000年。王様が治めるこの国(どうみても日本なのですが)は人口が約1億人、そして「佐藤」という苗字を持つ人口は500万人を超えていた。その国を治める「王様」は自分の苗字である「佐藤」姓がこの国でもっとも多いことに対して腹を立て、「佐藤と名乗るのは自分だけでいい!」と言い始めた。そして「鬼ごっこを行い、そこで全国の佐藤を捕まえ、抹殺する」という計画を実行する。その期間は1週間。期間中の23時から24時までの1時間、全国に「佐藤探知ゴーグル」なる特殊な機器を付けた「鬼」を100万人配備。その「鬼」達は付近の「佐藤」姓の人間を探索し、捕獲を行う。「鬼」に捕まった「佐藤」は、そのまま秘密の収容所に連れて行かれ、そこで眠るように殺されてしまうというのだ。

主人公 佐藤翼はその「佐藤」姓のため、この「リアル鬼ごっこ」に巻き込まれてしまう。そして「リアル鬼ごっこ」の期間中、生き別れの妹「愛」を探し出し、「リアル鬼ごっこ」から彼女を守ろうと決意する。果てして7日間の間に、翼は妹を見つけ出し、且つ「鬼」から逃げ切ることが出来るのか?

話の概要としてはこんな感じでしょうか。さてワクワクしながら読み始めた私の感想は・・・

何だこりゃ

いや、ホントに「何だこりゃ」っていう感じなんですよ。

何故こんな感想になってかと言うと、読んでみるとわかるのですが非常に読み辛いです。

ホントに。

何ていうか文章の構成がおかしいというのかな?。そのためか読むスピードが上がらないし、本にのめり込めないんです。もちろん龍乳は文章に関しては全くの素人です。私のブログだって読み返してみると、主語と述語がおかしかったり、言い回しがおかしくて読み辛い部分が多々あります。ただ、そんな文章に対する素人が読んで感じたのが、この本の文章が読み辛いっていうことでした。

次に「西暦3000年」という割には人々の生活が今と全く同じです。コンビニがあったり、ファミレスがあったり、新幹線が走っていたりします。今と違うのは「王政」と「佐藤探知ゴーグル」(!!!)があることくらい(笑)。普通、もう少し変化を付けませんかね?これが逆に特徴なのかしら?

あと、ストーリーなんですが、途中で結末が読めます。この「リアル鬼ごっこ」を7日間逃げ切った「佐藤」には王様が「何でも願いを叶えてやる」と約束しています。王様が考案した「リアル鬼ごっこ」で家族、友人を殺された「佐藤」が、王様に「何でも願いを叶えてやる」と言われたら何を願いますかね。その方法はともかく、結末は龍乳の予想通りでした。

結末以外の話でも、特に複線がはられるいないので、読んでいて、「そうだったのか!」とか「まさか!」って思うことがほとんどありません。主要人物たちの言動や心理描写で「もしかしたらこういう事をするんじゃないのか?」って思うと思いっきり肩透かしをくらいますよ。

最後は「リアル鬼ごっこ」を始める原因。「佐藤姓は自分一人でいい。なので(王様以外)他の佐藤は全員抹殺」ってさぁ・・・。たぶん、この本を読んだほとんどの人が思ったとは思いますが

「改姓」したらいいじゃない?

死か改姓かって言われて死を選ぶ人が何人いますかね?その「リアル鬼ごっこ」をするのはいいんだけど、もう少し説得力のある理由はなかったのかなぁ。今時の少年マンガだってもう少し大層な理由を付けそうだけど・・・。

もう突っ込みどころ満載のこの本ですが、ベストセラーなんですね。ということは、突っ込んでいる私がおかしいのかな?誰か読んで感想を聞かせてください。

読み終えて、あらゆる意味で疲れてしまいました。

あぁこれから夜勤だよ・・・・。

リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫) Book リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)

著者:山田 悠介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リアル鬼ごっこ+ Book リアル鬼ごっこ+

著者:山田 悠介
販売元:文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

スイッチを押すとき Book スイッチを押すとき

著者:山田 悠介
販売元:文芸社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

×ゲーム Book ×ゲーム

著者:山田 悠介
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

リアル鬼ごっこ 【初回限定盤】(DVD付) Music リアル鬼ごっこ 【初回限定盤】(DVD付)

アーティスト:KOTOKO
販売元:GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)
発売日:2007/12/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

汗と寒さ

今日の成田はとっても寒かったですね。天気もはっきりしないし。

だけどここ二、三日自転車に乗っていなかった所為か、妙に自転車に乗りたくなったので例によって八千代自転車道へ。いつもはちょっとでも天気が悪いと乗らなかったのに、我ながら珍しい(笑)

Dsc00743

八千代自転車道にいく道すがら、印旛沼の畔では工事の真っ最中。ここに橋をかけて成田空港-千葉ニュータウンの道路になるのかな?新しい道が出来たら甚兵衛大橋は通らずに済むようにならないかな?あの橋は歩道が無いから、車にはねられそうで怖いです。車だって迷惑だろうし・・・。

こんなに寒かった成田方面ですが、八千代自転車道はいつもより人は多め。みんな寒いのに負けずに頑張っています。

私も周りに負けじと走っていたら、ちょうど同じくらいのペースで走っていたロードバイクを見つけたので、彼をペースメーカーにしてついていくことにしました。

速度はギアでどうにかなるのですが、彼の足の回転に全くついていけないので、一つ落として彼に合わせてペダルを踏み続けました。合わせてるつもりでも、前の自転車の方が足の回転が早いなぁ。普段の自分の回転速度が遅い事を実感しました。うまい人はまるで空回りしているような足の回転させているもの。

佐倉の風車から八千代自転車道の始点に向う距離を、ず~っと追わせてもらいました。始点に着いたところで前走車がそのまま八千代方面に消えたので、私はUターン。いい勉強をさせてもらいました。

ここまでは30Km/Hくらいのいいペースで着ていたのですが、帰りは向かい風になり一気に減速。しかも風車で一回休んだら体が一気に冷えてきました。さ、寒い・・・・。

自転車に乗ると程なく暖かくなるのですが、汗で濡れたインナーがなかなか乾いてくれません。ユニクロで買った速乾のインナーなんだけどなぁ。

10時に乗り始めて、すっかり12時も過ぎてしまいました。そのまま昼食を取るべく、日赤病院方面へ。何か暖かいラーメンを腹いっぱい食べたい気分です。

だけどいつも行っている「麦や」も「どてちん」も外まで行列が伸びてます。うぅ、さすが休日。なので久しぶりに「くるまやラーメン」を食べることにしました。「ねぎチャーシュー」に餃子と半ライスまで付けてしまいました。こんなに食べていたら、いくら走ってもやせるわけがないですね(笑)。

Dsc00744

ラーメンで身も心も暖まって、さて自宅までラストスパート。だけどやっぱりインナーが冷水付きのように冷たい!!!!

帰ってから即シャワーを浴びました。ああああ・・・生き返る・・・・。

服を脱いでから気づきましたが、上着としてきていたウインドブレイカーが塩吹いてました。結局、インナーが云々というより、私が汗かきすぎのようで。

この体質もどうにかならないかなぁ・・・。

[本日のまとめ]

距離 52.38Km 時間  2時間13分05秒 平均時速 23.6Km/h

今日は50Km以上走ることができました。

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ