« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

ドーピング

アメリカで問題になっているドーピング問題が日本にも飛び火。夜勤から帰ってきて、ネットに繋いだらこの話題ばかりでした。

ただし、あくまで疑いがあるだけで、確定した話ではありません。念のため。

ウィリアムス(阪神)とかカブレラ(西武)の名前があったのにビックリしました。また現役だとリグス(ヤクルト)の名前もあがってました。

因みに今回名前が上がった中で、日本に在籍した選手は

クリス・ドネルス(登録名C・D)(96・近、97~99オリ)

フィル・ハイアット(97・神)

マーク・キャリオン(97~98・ロ)

レオ・ゴメス(97~02・中)

マット・フランコ(04~06・ロ)

バート・ミアディッチ(05・巨)

チャド・アレン(07・オリ)

中日で活躍したゴメス、「CD」の登録名で有名になったドネルス以外は野球ファンでも「誰だっけ?」って人が多いかな。

仮に今回リストに上がった人たちがドーピングしていたら、悲しいですね。特に活躍した選手はその記録が「作られた」記録っていうことになってしまいます。

プロなのだから、活躍しなければ生活できない。その活躍の度合いが大きければ大きいほど、手に入る額も違ってきます。

だからと言って、自分だけ「反則」を使っていいっていう訳じゃありません。普通車のレースに勝つために自分だけ改造車を出すのはおかしいですよね。

小説・朝日新聞・文藝評論の執筆活動を大阪の著名人で、ある阪神ファンの教師の方がネットで「ドーピングでもええじゃないか」と題して、ドーピングの正当性を語っていました。

なんと、ドーピングを化粧とか義足と同一視した揚句、どんどんドーピングすればいいとまで語っています。

・・・こういうのが教師をしているのか・・・。勝つためには体に有害な事をしてもいいって学校で教えてるんですかね。

もはやあきれるを通り越しましたよ、私は。この人の中には「モラル」ってものがないんでしょうか?

壊れるのは使った自分の体。使って何が悪いっていう考えもあるかもしれません。では、体に有害とわかっていても、勝つためにはプロスポーツ選手全員にドーピングしろっていうのでしょうか?ドーピングやっているのが当然とわかっているようなスポーツに、新しい選手が入ってくるのでしょうか?心臓発作や、早死にの可能性が高くなるスポーツに自分の子供、家族にやって欲しいと願うでしょうか?

金さえ入れば、クスリ使ってもOKなの?

ドーピングがOKなら、飛距離が出るといわれているコルクのバット使うのもOKなんですかね?コルクバットの方が体に有害じゃあ無い分、全然マシな気がします。

「勝てば官軍」みたいな風潮はぜひやめてほしいですね。

今回、名前が挙がった選手が潔白であることを願いたいものです。

おウチの事情

会社の同僚(♀)と従業員食堂で昼食を取っていた時の事。その日のメニューにシチューがありました。

それを食べていた同僚が「フツーはシチューってゴハンにかけるよね~。なんでウチの会社はそうしないんだろう?」

は?

いや、シチューはゴハンにかけないでしょう。カレーじゃあないんだから。

「学生の頃、シチュー丼とかあったじゃない?」

・・・ウチの大学にはありませんでした。

彼女の家ではシチューはゴハンにかけるのが当たり前だそうです。

龍乳家ではしたことないよ。

そういえば各家庭での「当たり前」が世間とちょっとズレてるって事がありますよね。

幼い頃の話ですが、龍乳家では夜の歯磨きはお風呂に入りながらしました。湯船に入っている時間を使えるので、合理的だなぁとは思っていたのですが、この話を友人にしたらビックリされました。

あと、ウチの姉がダンナにコロッケ作った時に、ケチャップとソースを混ぜてかけたら、「変!」ってダンナに言われたそうです。
龍乳家では、ハンバーグとかコロッケ食べる時にコレをやるんだけど、そんなに変かな?

前述のシチュー丼の話題には続きがあって、同僚は既婚者なんですが、ダンナの実家に行った時の話。その日の夕食は姑さんが作ってくれたそうです。で、カレーだったので皿にゴハンよそってカレーをかけようとしたら姑さんが「それビーフシチューよ」

「ビーフシチューもカレーも見た目じゃわからないよね!」って同僚は言っていましたが、臭いでわからないか???

ちゃんちゃん。

12H

昨日夜勤をやって、今日も夜勤。疲れるねぇ。

私は夜勤を終えた日は、そのまま夜まで眠りません。寝ちゃうと生活のバランスが崩れそうで。なので今のペースで行くと、一日おきに睡眠を取ってることになります。

で、昨日も夜まで寝ないでそのまま起きてました。だけどやっぱりエンジンはかからないので、ぼーっとしてる時間が多かったかな。時間がもったいないとも思うんだけど、さすがに自転車に乗る気力は無いし、バイクでぶらつく元気もない。

それで夜になって夕飯食べて寝たのが23時前くらい。布団に入ったら、もう爆睡でした。

で、次の日目覚めたら、11時前くらい。あれ~。

今までどんなに疲れていても、いつも起きる時間(7時)には一度目が覚めるのになぁ。休日でも9時過ぎには起きるし、ましてや病気でもないのに12時間も寝たのはずいぶん久しぶり。

やっぱり疲れてるのかなぁ?

さて今から夜勤に行ってきます。

絶望への独り言

久々にマンガのことなど。

最近読んだ『足洗邸の住人たち』が面白かった。第7巻まで発売中。

20年以上前、召喚士が起こした「大召喚」により、世界の至る所に「魔界」や「異界」が出現。世界は人間、妖怪、悪魔、妖精、科学文明、魔法技術などがちゃんぽんになってしまう。

そして「大召喚」から20年がたった現在、人は妖怪や悪魔と共存して生活をしています。そして物語は不思議町にあるボロアパート「足洗邸(アシアライヤシキ)」に主人公が引っ越してくるところから始ります。

正直、絵は線が煩雑で見辛いし、話は複雑で非常にわかり辛い。だけど読んでいく内にどんどん引き込まれていきました。

物語の多くが、主人公が祖父母や両親に手紙を書く形式で進んでいきますが、第一巻の終わりで、その手紙の全てが、あて先不明でアパートに戻っていることがわかります。また、彼はお人好しな風貌とは裏腹に、8年間に9回の引越しと6回の自殺未遂をしています。

彼は何故受け取り手のいない手紙を出し、何故死を望むのでしょうか?

しかしその死を望んでいた彼の心境が、物語が進むに連れて少しずつ変わっていきます。

そして、今の「世界」に絶望して死を望みながらも、その「世界」で新たな「生きがい」を見つけてしまったところで、皮肉なことに、彼は「呪い」に犯され、余命半年となってしまいます。

死を望んでいたはずなのに、今度はその死について悩み始めます。そして彼は残りの人生を、見つけた「生きがい」に使おうと動き出す。

現在発売されている7巻ではここまでとなっています。

あ~続きが気になる。

人が陥る「死に至る病」というのは「絶望」のこと。なので、「生きがい」を見つけられれば、人はその病からは解放されるのです。(ちょっと宗教臭いかな)

「生きがい」かぁ。

普通の人が指す「生きがい」って何でしょうね?

「家族」?「恋人」?「趣味」?はたまた「仕事」?

どんなに小さくてもいいから、それが「生きがい」って言えるものがあると、日々の生活にも張りが出るんでしょうね。

私も早く「生きがい」を見つけたいね。

足洗邸の住人たち。 (1) (Gum comics) Book 足洗邸の住人たち。 (1) (Gum comics)

著者:みなぎ 得一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

足洗邸の住人たち。 (2) (Gum comics) Book 足洗邸の住人たち。 (2) (Gum comics)

著者:みなぎ 得一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

足洗邸の住人たち。 (3) Book 足洗邸の住人たち。 (3)

著者:みなぎ 得一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

足洗邸の住人たち。(4) Book 足洗邸の住人たち。(4)

著者:みなぎ 得一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

足洗邸の住人たち。 (5) Book 足洗邸の住人たち。 (5)

著者:みなぎ 得一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

足洗邸の住人たち。 (6) (Gum comics) Book 足洗邸の住人たち。 (6) (Gum comics)

著者:みなぎ 得一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

足洗邸の住人たち 第7巻 通常版 (GUM COMICS) Book 足洗邸の住人たち 第7巻 通常版 (GUM COMICS)

著者:みなぎ得一
販売元:ワニブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

巨大補強

巨人が元ヤクルトのグライシンガー投手の獲得がほぼ決まったそうです。同じく元ヤクルトのラミレス獲得も秒読み段階との噂もあり、横浜からクルーンを獲得したのに始まって、今年は恐ろしくらい獲得してますね。

仮にラミレスが入ったら

1 高橋由(右)
2 谷(中)
3 小笠原(三)
4 ラミレス(左)
5 李(一)
6 阿部(捕)
7 ニ岡(遊)
8 脇谷(二)

※先発
上原・内海・グライシンガー・高橋尚・木佐貫・金刃
※中継ぎ
豊田・西村・野間口・林・藤田・山口
※抑え
クルーン

となるのでしょうか?これでFAした中日の福留が入団していたら凄かったですね。

補強するのは悪くないと思います。逆にお金を使わなくて下位に低迷する方が「球団持つの辞めたら?」と思ってしまいます。もちろん、お金使わなくて上位っていうのが最高なんですけどね。

金を使わなくてもトレードとか、他の外国人を連れてくるとか手はあると思う。当たり外れはあるだろうけど、それはFAや他の球団で活躍した外国人を連れてきても同じこと。

今までFAで獲得した球団別は次のとおり

巨人:12
ソフトバンク(ダイエー):7
阪神:6
中日:5
横浜:2
西武:2
オリックス:1
ロッテ:1
日ハム:1
近鉄:1
広島・ヤクルト・楽天:0

セリーグはFAを使った球団が強いですね。しかしパはロッテ、日ハムといった近年伸びてきた球団はFAで獲得したのは1人だけ。育成が上手くいっているということかな?ただし、ハムは監督もGMも替わる来年度は全く期待できませんが(涙)

FAで出て行った選手の数は次のとおり。

オリックス:7
ヤクルト:6
ソフトバンク(ダイエー):5
西武:6
阪神:4
中日:4
横浜:4
広島:4
日ハム:4
巨人:3
ロッテ:3
近鉄:3

楽天の福盛投手が未だ行き先が決まってないので抜いてはありますが、間違いなくFAで選手が抜けた球団は低迷しますね。FAで出来た穴をどう埋めるかがカギとなっていますね。

因みに巨人がFAで獲得したのは12人。

落合 博満 (中日)
川口 和久 (広島)
広沢 克己 (ヤクルト)
河野 博文 (日本ハム)
清原 和博 (西武)
江藤  智 (広島)
工藤 公康 (ダイエー)
前田 幸長 (中日)
野口 茂樹 (中日)
豊田 清 (西武)
小笠原道大 (日本ハム)
門倉 健 (横浜)

この中で大成功だったのは小笠原道大 (日本ハム)や工藤 公康 (ダイエー)くらいじゃないのかな?しかも清原 和博 (西武)、落合 博満 (中日) といった大物でさえ、最後は追われる様に球団を去ってるし。

私的にはFAよりトレードが好きです。その球団で活躍の場がなくなった選手が他にいって花開くというパターンが好きです。

今のところハムのトレードは阪神から中村投手を獲得したのみ。今年は小笠原が抜けたサードの穴と、岡島の抜けた中継ぎ左腕の穴が埋められませんでした。

積極的な補強で、この穴を来年こそは埋めて欲しいですね。

そういえばグライシンガー投手獲得で巨人と争っていた阪神の岡田監督が、巨人の巨大補強を批判していましたが、他球団のファンから言わせれば、鏡で自分を良く見ろっていう感じ。

広島からシーツ、金本、今年は新井まで獲得したチームの監督が何を言ってるんでしょう????

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ