« 北海道ツーリング 四日目 | トップページ | 北海道ツーリング 五日目【中盤】 »

北海道ツーリング 五日目【前半】

さてツーリングも終盤です。Dsc003864367

昨晩は「さろまにあん」で泊まった方々と語り合ったのですが、今回はいろいろな人がいて、なかなか楽しかったです。自転車で北海道を周っている女性や、歩きで北海道一周を目指している(!)女性もいました。徒歩の彼女は北海道の方で、数年かけて休みを使って北海道の外周を歩き続け、歩いた道だけ地図を塗りつぶしていました。かなり歩いて、もうすぐ一周の夢が叶うそうです。

バイクで来てるのが、スゴク楽に思えました(笑)。

さて今日は目的地がしっかり決まっています。まず、去年行けなかった宗谷丘陵に行くこと、そして札幌で日本ハムの野球を見ること。札幌まで距離にして600キロ余りですか。そうとう急がないと試合開始の18時に間に合いません。

なので今までのツーリングでもっとも早い4時起きをして、5時に出発しました。なのに太陽はもうすっかり顔を出していました。できればサロマ湖で朝焼けも見たかったんですが、これだけ陽が登ったらしょうがありません。黙々と北を目指すことにします。

前半はとにかく238号を北へ、北へ。まだ人気の少ない通りをひた走りました。そこでこの旅最大のピンチがやってきました。

ガスがない。

そうです、ガソリンがないのです。

昨日、サロマ湖の夕日が見たくて飛ばしに飛ばして来たので、ガソリンのメーターが最後のひとメモリになっていることに気付きませんでした。これが成田なら24時間営業のセルフのガススタがいくらでもあるのですが、ここ北海道ではそうはいきません。

道の駅なら開いているところがあるかな?って思ったんですが、甘かった。

オホーツク紋別の道の駅に付いてもやはりガススタは開いていない。気を紛らわせるため、巨大カニ爪の前で記念写真なんかを撮りました。あぁこんなことしている場合ではない。 Dsc00390

進めど、進めど、ガススタはありません。こんな見知らぬ土地でエンストするわけにはいきません。しょうがないので、店が開くまでどこかで時間潰すかとあきらめていたところ、あるスタンドで店主と思われる人が出てきました。開店時間は30分後だったのですが、入れてくれるとのこと。うぅ、人の情けが身に染みます。

ここで満タンにしてもらって、気持ちに余裕が出てきました。さぁ遅れを取り戻すぞ!

Pict0004

音標→乙忠部→カムイ岬などを抜けて北を目指します。途中で風力発電用の風車を見ながらなおも北上。なお今回は観光のメッカ、宗谷岬もすっ飛ばしました(笑)。

238号で宗谷岬を過ぎたあたりに「宗谷丘陵」の看板があります。結構、見落とすかもしれません。そこから上った丘の光景は・・・。

スゴイ。

Pict0027Pict0013Pict0008

絶景です。別世界みたいだ。なだらかに広がる草原に佇む風車たち。牧草地帯で草を食む牛たち。人の気配は無く、ほとんど観光地化されていません。

いやぁ~、北海道っていう感じ。

宗谷丘陵は、約2万年前の氷河期に由来の特徴的なもので、氷河周辺部で氷が溶けたり凍ったりの繰り返しによって出来たものだそうです。このすばらしい丘陵は氷河時代のなごりなんですね。

去年ここに来なかったことを後悔する共に、今年来てホントに良かったと思います。

宗谷丘陵を堪能した後は、ここからは一気に南下。札幌を目指します。

« 北海道ツーリング 四日目 | トップページ | 北海道ツーリング 五日目【中盤】 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98566/7549578

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング 五日目【前半】:

« 北海道ツーリング 四日目 | トップページ | 北海道ツーリング 五日目【中盤】 »


-天気予報コム-
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ