« 北海道ツーリング 五日目【後半】 | トップページ | 北海道ツーリング 最終日 »

北海道ツーリング 六日目

さて、北海道滞在は今日が最終日。18時45分 苫小牧発のフェリーに乗らなければなりません。帰りたくないなぁ・・・。

すでに札幌にいるので苫小牧は目と鼻の先。最後は支笏湖に寄ってから苫小牧に行くつもりなのですが、時間が十分にあります。いつもよりかなり遅くおきましたが、それでも7時過ぎ。さて、どうしよう?

まずはぶらぶらと札幌市内を散歩。少し曇ってるなぁ。路面電車なんぞを見ながら朝のススキノ周辺を散歩しました。夜と違って何だか寂しいな。で、適当に朝ごはんを仕入れたら、とりあえず宿を立つ事にしました。昨日おとといと違って時間を持て余し気味です。

Dsc00404 ■■

何も思いつかないので、近いという理由で小樽に行ってみることにしました。札幌から小樽はそれこそ1時間も掛かりません。でついた小樽で運河を見ながらアイスを食べてひと休憩。人気のスポットなので観光客がとても多かったです。

そこから小樽水族館の近くにある「青塚食堂」でお昼ゴハン。「にしん定食 スペシャル」を注文しました。

注文したら店の前にある炭火でにしんを焼いてくれます。あぁ、いいなぁこの感じ!時間は掛かりますが、なんとも乙な感じに酔いしれました。Pict0002Pict0003Dsc00410

 

で、出てきた定食は・・・でっけぇ!写真だと判り辛いですけど、かなりおっきいですよ。しかも魚介類満載。にしんは焼きたてで熱々だし、貝の味噌汁も旨い。ふむ、あんまり小樽に来るのは乗り気ではなかったが、来て正解だったなぁ。

青塚食堂で幸せ気分に浸ったので、定山渓レークラインから周って支笏湖に行くことにします。札幌から走ってきた5号を再び戻って、途中から1号「定山渓レークライン」へ。途中で朝里スカイループをぐるりと一回り。ダムをぐるっと巻くようにできているこの橋はなかなか眺めが良かったです。Pict0005Pict0008Pict0006

   

人通りが少ない定山渓レークラインはトンネルがあったり、先が見え辛いコーナーがあったりと、微妙に走り辛いところもありましたが、途中で湖あり、原生林ありでなかなか楽しかったです。そして定山渓レークラインを抜けて定山渓温泉郷へ。そこで足湯に入って疲れを癒してきました。ふ~っ。極楽。Dsc00411Dsc00412

 

そして453号から支笏湖入り。水が澄んでいてとてもきれい。湖の先に見えるのは樽前山なのかな?適度に雲が掛かっていて雄大さをかもし出しています。あぁここまで戻ってきたなぁ。もはや苫小牧は目前です。Pict0009Pict0013Pict0011

   

巨大なカルデラ湖を眺めながら276号に入って一路苫小牧へ。時間がまだまだ早いなぁ。15時過ぎには苫小牧に戻ってしまったので、フェリーで読む雑誌やお土産などを購入。急に荷物が増えてしまい、もってきたディバッグの出番となりました。貧乏性の私には荷物を宅急便で送るという選択肢はありません(笑)。

で、もはや大分慣れてきた乗船手続きを済ませ、フェリー入り。今回はお土産を買ったときにフェリーで使うものをディバッグに入れてしまったので、荷を解かずにそのままバンディットとお別れしました。これで20時間はバイクに戻ることができません。

ここからはさっさと風呂に入ってビールとお弁当で夕飯をいただきました。その直後に出航の館内放送が。Dsc00413Dsc00414

さらば北海道。来年もいくぞ!

ルート:札幌→小樽→定山渓→支笏湖→苫小牧

走行距離:226.73キロ

合計:2238.7キロ

« 北海道ツーリング 五日目【後半】 | トップページ | 北海道ツーリング 最終日 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98566/7774252

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道ツーリング 六日目:

« 北海道ツーリング 五日目【後半】 | トップページ | 北海道ツーリング 最終日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ