« VS友人 | トップページ | 12連チャン »

負けを認めること

新しい上司に「君は私と同じで情報システム関係の学校を出ているわけではないそうだね。ここでやっていくには何か負けない何かを作りなさい」って言われました。

うーん、この部屋の上司にそんなこと言われたの初めてだな。ちょっとびっくり。今までなら「何言ってんだコイツ」って思うんですが、先日、自分の中でいろいろ「負け」を認めてから、何だか気分がスッキリしてます。なので、このアドバイスも真摯に聞ける気分。さて、問題はどういった強みを作るかだなぁ。

昨日のケンケンさんとの友人対決は再びハムに軍配が。これで球団タイ記録の11連勝。去年も11連勝があったのですが、この頃はちょうど北海道に行ってました。ホトンド野球のことを忘れていたなぁ。そういう力を抜いた年に限って日本一になったなぁ。

それにしても何故勝っているかちっともわかりません。今日もどちらかというと、たまたま阪神打線が不調だったっていう感じ。日ハムの先発、グリンは四球もあったから7回途中を1安打ピッチングって言われても「そうだっけ?」っていう感じだったなぁ。

相変わらずホームランは出ないし、中継ぎ陣だってピシャリと抑えてるというより、ランナー出すけど何とかっていう感じだなぁ。次は好調広島との2連戦。連勝を伸ばして欲しいけど・・・・。

« VS友人 | トップページ | 12連チャン »

仕事」カテゴリの記事

コメント

>青島さん
正に「激しく同意」ですね。
負けない「何か」を今日も探してますよ。
ただ、なかなか見つけることも、習得することも難しいですね。
今の私にとって畑違いの部署ではかなり辛いことですが、サラリーマンなので与えられた場所でがんばりますよ。

何処の世界で仕事をするにせよ、やはり周りに負けない『何か』は必要だと思います。サラリーマンをやっていくなら、その会社に評価される『何か』(指導力や独創性など)を周囲の人よりもアピールしていかなくてはならないでしょうし、自営でお店をやっていくにしても他のお店には負けない『何か』(そこでしか得られない品や雰囲気など)が必須でしょう。プロ野球の選手だって、ホームランを量産する選手も居れば、地道に犠打を重ねる選手も居るでしょう。いずれにしても、自分ならではのカラーを出し、それを周囲の人に認めてもらえるかどうかでしょうね。
私も会社勤めで早10数年、ある程度のポジションまでは進みましたが、ここから先は与えられた仕事をこなすだけではなく、私ならではのカラーを出し、評価されないと昇進は難しいでしょう。私は今、自分のカラーが出せる道が本当にこれで良いのか、日々思案を巡らせています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けを認めること:

« VS友人 | トップページ | 12連チャン »


-天気予報コム-
フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
無料ブログはココログ