« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

自らを殺す

何だか最悪な6月が終了。会社もダメ。その会社の人間関係もダメ。プライベートもスピード違反で捕まるわ、体調崩して2週間不調だわとダメダメ。気分的にも鬱っぽかったですね。Dsc00336

最近思うようになったのですが、人間って夢や希望、目標が無くなったらお終いなんですね。

小さい頃は多少は夢がありました。覚えているのはやっぱりおもちゃとかが欲しいっていうのかな。ゲームウォッチとかファミコンとか、とっても欲しかったな。だけどウチは子供に万単位のおもちゃを買ってくれるほど裕福ではありませんでしたね。

こういうのは「いつか買うんだ」っていう目標になりましたね。

そして中学校になると、いろいろな競争が始まりました。それが同級生に勝ちたいっていう「目標」になりました。だけどね、私は勉強もスポーツも偏差値45くらいなんですよ。きっとね。レギュラーやトップにはなれない。だけど最下位って訳でもない。

この頃から自分の「壁」とか、「限界」とかがわかるようになりましたね。自分はこんなもんだって。

そして、姉とは出来が違うんだなって。

そして「目標」は「(自分が達成可能な)目標」に変わりました。目標が下がってしまったんですね。今考えれば、こんな若い時から。

それでも小さいながら「目標」や「夢」へ向かって努力しましたよ。一応ね。

そして高校辺りからは額が大きくなりましたね。バイクが欲しかったり、パソコンが欲しかったり。そして、大学への進学したかったり。

別に特別な人になりたいと思ったことはないです。だけどそれなりに自分を動かしている「目標」や「夢」があったと思う。

そういう(安易な)目標がだんだんクリアされるにつれて、今は何をしたらいいかわからない。

まぁ結婚はもう無理でしょうね。今の自分が女性と一緒にいるのを想像できないですね(爆笑)。

他には何だろ。会社でガンバルっていうのも、もはやないしな。子供の頃、ドラマやマンガでみた「だめな会社」の「だめなサラリーマン」に自分がなっている自覚がありますよ。努力しても結果が出ない、じゃあホントにそんなに努力してるのかって自問自答。正直、頑張ってもこの程度かって自分で呆れています。そんな毎日。それも疲れたかな。

私は今、死んでも困らないかも。遣り残したことは特に無いし、死ぬまでにこれをしたいっていうのもないや。別に見たかったものもないし、したかったこともない。欲しいものも、もうないや。毎日同じストーリーが繰り返されるのはうんざりです。

自らを殺したくは無い。だけど、自分が「居なくなる事」にあんまり恐怖を感じなくなったなぁ。

ちょいと疲れたよ。

新型ハヤブサ&GSX650F

スズキのサイトで、新型のハヤブサが発表。某オートバイ雑誌に載っていたCGとほぼ変わらぬ姿で登場しました。

うぅ、カッコいい。現行型で作り上げた独特のデザインを、洗練させた感じ。だけどフレームが同じに見えるし、全体のデザインも現行型に近いからマイナーチェンジだったりして。私の性格とライフスタイルとは全然合わないバイクなんですが、一度は所有してみたいですね。

そういえばハヤブサが登場したのが99年。来年出たとして10年振りのフルモデルチェンジになりますね。まさかここまで引っ張るとは思いませんでした。

20年位前はレーサーレプリカを中心に毎年のようにモデルチェンジしていたのに、最近のはすっかりサイクルが長くなりました。それだけ競争してもしょうがないのか、メーカーに企業としての体力がなくなったのか?まぁモデルチェンジといっても、マイナーな改修が多かったんですけどね。時代が変わったんですね。

そういえば同じサイトにGSX650Fなるものが新登場。どうやらバンディットをフルカウルしたもののようです。デザインがGSX-Rそっくりなんですけど、ちょっと強引じゃない?コイツは日本に入ってこないんだろうなぁ。

私の愛車は車検を通したばかりなので、買い替えの予定はありません。だけど、新型が出ると気になりますね。

羽田

Dsc00345 久しぶりに羽田の支店に行きました。目的はネットワーク工事のため、支店の下見。数社から見積もりを取るので、それぞれの業者が下見に来ます。

今日は午前と午後で一社ずつ。二社とも気合が入っていて、徹底的に下見を行ってくれました。かかった時間は11時から17時まで。私はその間立ちっぱなし。

私はこういう余り実にならない仕事が多いです。雑用ではないのですが、勉強にならないっていうか、自分の向上に役立たないっていうか。

仕事ではなく、作業っていう感じ。

せめて仕事がしたい。

子供のお仕事

Dsc00344 先週のテニスで友人の会社の方が子供をつれてきました。その時に来ていた服がこれ。

「私は子供 泣くのが仕事」

その日も彼は立派に「仕事」をしてました(笑)。

エライ!

夏の夜の。

友人たちは趣味に力入れている人が多いです。バイクを何台も買い換えた人や、高い車を買った人。思い立ったが吉日とばかり、面白そうと思った習いモノに行ったり、新しい趣味にのめり込んだり。

その中でも昨年亡くなった友人は本当に凄かった。好きになった趣味のためには生活も命も削ってました。車が好きになったらバイトに明け暮れて、いい車、いいパーツを手に入れてました。そして寝る間を惜しんで走りに行ったり、必要なら体を鍛えてました。ホントに何時寝てるんだろう?って思う頃がありました。趣味なんだけど、なんだかプロ精神を感じるところがありましたよ。

彼に取っては、「好きになったこと」=「生活」だったんだろうな。私は「仕事」=「生活」になってしまっています。

私は彼みたいになりたかったな。

ちょっと仕事や私生活に疲れたせいか、こんな事を考えしまう、今日この頃。

結婚と縁

今日は北海道の予定を立てようと思ったんだけど、午前中で挫折。行きたいところが沢山あるような、もはや面倒臭いような?フェリーの関係で、結構休みを取らなければいけません。帰って来てから、俺の席あるかな。

だけど一生懸命やっても5割の力でやっても評価は一緒だって言うのは、入社してから学んだこと。だから5割で働こう!っていつも思うんだけど、小心者なので一応全開で働いてます。全開も5割も結果は一緒だけどね。

友人から「結婚します!」のメールが。おめでとうございます。この数年でどんどん独身の友人がいなくなるなぁ。最初は20代前半の頃。次が今ですね。

私の予定は皆無です。怖いのは、だんだん焦らなくなってる自分がいること。以前は「うわ~」って思ったけど、今は素直にオメデトウって言えます。独身でいることも、これはこれで自分らしい気がしてきました。いいのかなぁ?だけど結婚しなくてもいいから、このまま親の脛をかじるのは避けたいなぁ。

さて、明日から仕事です。

日本ハム 交流戦 優勝!

今日は炎天下の中、月イチのテニスをしてきました。苦手なバックハンドを意識しながら練習したんだけど、なかなか難しいな。インパクトとフォロースルーがめちゃくちゃ。見事に二段階っていう感じ。来月も頑張ろう。

日本ハムがよもやの交流戦優勝。正直ビックリです。交流戦といえば毎年惨敗で悲しい思いをしているのですが、初戦から12連勝していきおいに乗るとそのままトップで優勝。

勝因は交流戦の防御率はトップの2・11。開幕のローテーションだったダルビッシュ、グリン、八木、金村、建山、スウィーニーのうち、4人が二軍落ち中という緊急事態。そんな中で2年目の木下、高校出ルーキーの吉川が活躍してくれました。

後は打撃陣で一人か二人出てきてくれると、非常に助かるんだけどなぁ。ハムの野手は「守れるけど打てない」っていう選手ばかり。小谷野ががんばってるけど、正直クリーンアップは辛いんじゃないかな。新外国人のジョーンズに期待したいところです。

何にせよ、交流戦優勝、オメデトウございます。春先には楽天、オリックスに抜かれて最下位になったチームとは思えない程の復活で、ファンとしては一安心です。

今年は北海道で試合を見に行きたいな。

変われない自分

6勤が終わってちょっとお疲れモード。昨日まで5日連続で自転車通勤した疲れも合わさって、すごく眠くてダルい。明日は月イチのテニスの日なんだけど、大丈夫かな。

昨日のトラブルは未だに尾を引いているのですが、「例の」上司に対する対応は人によってさまざま。割り切って付き合える人とそれが出来ない人。私と、私とコンビを組んでいる女性は後者です。

前者の人たちは、「誰かに文句を言わせたい。だけど自分たちは言わない。」というスタンス。風向きが悪くなったら、「そこまで言わなくても」ってすぐ方向転換します。こういう人たちだってわかっているのに、周りにつられて文句を言ってしまう私が馬鹿なんでしょうね。彼と彼女らが、私がなりたいと思っている「嫌らしい社会人」です。ここはぐっと抑えて、傍観者に徹するぐらいじゃないと、前にいった「変わらなきゃ」って言うことにならないんだろうな。

前回、負けを宣言してから、嫌らしい社会人になろうと決めたんですが、道のりは遠そうです。

明日のテニスでいろんな憂さを晴らしたいな・・・。

出世する秘訣

暑いですね。だけど自転車こいでると、そこそこ風が当たって心地よいです。ただ会社につくころには完全に日焼け。週末には日焼け止め買ってこないと、これからはきつそうです。だけど私は日焼け止め、臭いが苦手なんですよ。独特の香りがしません?

会社で基幹ソフトが障害。なのに「例の」上司が「会議だから」って逃走。で、どこにいたかっていうと、会社の受付辺りをぶらぶらしてたみたいです。何を考えているんでしょう?

部下に指示もしないで逃走するのはいつもの事。トラブルがあったときの彼の対応は

①話を聞く→②役員に報告する→③トラブルが終わるまで逃げるor知らん振りをする→④終わった頃に担当者に結果を聞きに来る

・・・指示が抜けてますよ。

こんな上司ですが、②を欠かさないため、役員は良くやってると思ってるらしい。

以前に「負けを認める」をしてから、彼に対して怒るのを止めていたのですが、さすがにキレてしまいました。

相手も変わらないし、結局、私も変われてない。

彼に対しても、自分に対してもうんざりな今日でした。

梅雨はいずこへ

梅雨入り宣言が出たとたん、晴れが続いています。暑いなぁ。

おかげで日曜から出勤している今週は、ず~っと自転車通勤が続いています。健康診断の結果も最悪だったから、少し痩せないとね。だけどちっとも痩せません。やはり問題は食生活か。

北海道に行くぞ~!って決めてから、ちっとも準備をしてません。そろそろフェリーを取らないと、乗れなくなってしまいます。今週には決断しよう。

さて、あと2日頑張ろう。

年金と私に限って

だんだん暑くなってきましたね。汗かき龍乳にとっては地獄が近づいて来ました。扇風機はどこにしまったっけな・・・。

連日報道が絶えない年金の話題ですが、会社の同期が「『4大卒の92年~96年入社』の大部分の社員に対し、学生時代に納めていた国民年金の加入記録が、基礎年金番号に統合されていないことが確認された」っていう記事が新聞に載っていたって教えてくれました。

何~!94年入社の私はモロ当たるじゃないか!あわてて総務に電話したら、対応してくれた総務のお局様が

「たぶん大丈夫ですよ。心配なら自分で社会保険事務所に電話してください。たぶん繋がらないけどね」

えぇい!このアマ!!なんじゃ「たぶん」って!(←心の声)

しかも家に帰って調べたら、何故か私の分の年金手帳がある。ホントは会社にあるはずなのに。どうやら入社した時に統合しなかったためらしい。

明日、もう一度お局様とお話しなきゃ。

嫌だなぁ・・・。

Dsc00337

さおだけ屋はなぜ潰れないのか

体調復活して好調です。しかし相変わらず咳だけ止まらない。会社の冷房が直接当たるのがイカンのね~。

いまさらながら、山田真哉 著の「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を読んでミました。これがなかなか面白い。題名にもなっているさおだけ屋がどうやって儲けているのか、住宅地の中にぽつんとある高級料理店が何故続いているのか、在庫だらけの自然食料品店が何故潰れないのか?といった言われればなんでだろう??って思うことに、会計学的な答えを出しています。しかもオチを聞くとナルホド!っていう気分になります。読みやすいので、一気に読めます。お勧めですよ。

ただ、ところどころに著者の別の本の宣伝が入るのが困りモノ。一回くらいならいいのですが、余り何度も宣伝するのはいかがなものかと・・・。しかも題名が題名です。ラノベみたいです(笑)。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 Book さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

著者:山田 真哉
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その宣伝されていた本。私は未読です。誰かレビューしてください。

<女子大生会計士の事件簿>世界一感動する会計の本です[簿記・経理入門] Book <女子大生会計士の事件簿>世界一感動する会計の本です[簿記・経理入門]

著者:山田 真哉
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

検査結果と人生

久々に体調が復活。6月入ってからと言うもの、咳は止まらない、鼻水は止まらない、体がひどくダルイといった症状にず~っと悩まされてました。おかげで土日は寝込んで終わり。なのに直らない。こりゃ違う病気か?って思い始めたところ、やっと直りました。あとは咳がもうちょっとと言う感じです。ダルささえ取れてしまえば、鼻が出ようが咳がでようが関係ありませんから。

なので今日はひさびさに自転車での出勤。暖かくなって、薄い格好で行くようになったせいか、冬より汗が出ません。あの頃は寒いから暖かい格好をしていくと、途中で暑くなって大汗。会社に着く頃にはパンツまでびしょ濡れでした。しかし今は気温は暑いですが、そんなに汗をかかないですね。いいことだ。

先日、会社の健康診断の結果が帰ってきました。相変わらず血圧が高めでコレステロールが高い。まぁそれは良かったんですが(←良くはない)、ひとつ聞いたことがない病名が書いてありました。病名は伏せておきますが、血液検査で引っかかった模様。病名をネットで調べたら結構怖いことが書いてある。

え、ちょっとまってよ・・・。

慌てて翌日、会社の医務の先生に相談しました。どうやら血中濃度が上がってしまって、ある項目の数値が異常値になったそうです。検査の前の日は21時以降の飲食は禁止なんですが、汗かきの私が水分を取らなかったために、ある項目の濃度が挙がってしまったそうです。とりあえず、先生から今回の結果は病気ではないので心配いらないとの返事を頂きました。

あ~、生きた心地がしなかった・・・。

しかし喜んでいたのもつかの間、コレステロールと血圧で先生からお小言を頂きました。

トホホホのホ。

少し節制することにします。

それにしても、診断を受ける前はかなりビビリました。このまま入院するのかとか、これからどうなるんだろうとか。あと、やっぱりアレをしとけば良かった、コレをしとくべきだったのかなとかも思いましたね。

相変わらず、悔い多き人生を送ってます。

大洗と偕楽園

今年の夏もフェリーで北海道に行きたいと思ってます。昨年は02時発の夜行便で行ったのですが、今回はできれば18時半発の便で行きたい。18時半のに乗船するには17時までに大洗のフェリーポートに行く必要があります。フレックスを使って会社を上がれるのが15時。そこから着替えたり、荷物を積んだりして会社を出発できるのが15時半くらいになると思います。

果たして1時間半で成田⇒大洗に行けるかな?

今日は週間予報に反して、すっかりいい天気になったので、試しに行ってみることしました。

スタートが9時20分頃。51号をひたすら北へ。ただ、今月頭にスピード違反で捕まっているので、速度は抑え目です(笑)。

大栄⇒香取⇒鹿嶋辺りまでは順調で、海が見えた頃にはまだ1時間も経っていませんでした。これなら早く付けるかなって思いましたが甘かった。鹿嶋浦の直線がとても長かったですね。あと20キロくらいのところで1時間半経過。港についたのはほぼ2時間が経過した時でしたね。やっぱり2時間はかかるかぁ・・・。

残る手は半休を取るか、あきらめて深夜便に乗るか。

・・・半休かな・・・・・。

せっかく茨城まで来たので、水戸の偕楽園と千波湖によって来ました。偕楽園は特にシーズンではなかったのでガラ空き。目立った花や木はありませんでしたが、梅林と竹林がうっそうと茂っていて、心洗われる感じでした。梅はシーズンにきたら、綺麗なんだろうなぁ。また、千波湖ではジョギングとかサイクリングを楽しんでいる人がたくさんいました。

Pict0004_3

Pict0007_1

Pict0009_2

Pict0006_1Pict0011_1Pict0014

偕楽園も千波湖も年配の方やカップルがスゴク多かった。特に偕楽園でオッサン一人は私だけ。しかもこの暑いのに上着(バイクのジャケット)を着てるから、目立つ目立つ。私もカップルで来たいですね。

で、帰りは2号を通って、北浦を見てきました。田園風景がいいですね。Pict0018Pict0016

9時半に出て、15時くらいにはもどろうかなって思っていたですが、成田のバイク屋さんに顔出したのが18時過ぎ。結局、250キロくらい走ってきました。家に帰ったらクタクタで眠くてしょうがない。明日は仕事だから早く休むことにしましたよ。

Pict0022

久々に自分がライダーだったって思い出しました(笑)。

ペプシ アイスキューカンバー

Dsc00330

ペプシの夏季限定商品「ペプシアイスキューカンバー(キュウリ)」を買ってみました。
なお、一人で飲みきる自信が無かったので、会社に持って行って、配りまくることにしました(笑)

色は・・・スゴイなこれ。すばらしく人工的な色です。カキ氷に合いそうな色です。
意を決して飲んでみると・・・う~ん、味も炭酸も薄いメロンソーダっていう感じ。キュウリと言うより瓜っていう方が近いかも?ただ後味はちょっと変な苦味っていうか臭みっていうかが残ります。

上司や同僚に飲ませたところ、ほとんどが同じような回答でしたが、数人は「臭くて飲めない」というお答え。
そこまではまずくないと思うなぁ。だけど、数ある商品から再びコレを選ぶかって言われたら・・・選ばないだろうな

これなら学生の頃に飲んだ「スイカソーダ」とか「カロリーメイト」(液状の方)がインパクトがあったなぁ。

美味くも無く不味くも無く、結構普通でした。

がっかり

ハバネロ 3

つ いに関東も梅雨入り。ジメジメして嫌ですね。だけど暑くも無く寒くも無い気温がちょうどいいのか、妙に眠い今日この頃。朝が辛い・・・。

ハムの延長をず~っと動画で見てました。14連勝が終わった後は、投手が抑えると打線が打てず、打線が打つと投手が抑えきれず。悪循環です。他の各チームが調子を上げてきたので、打線に活!を入れて頑張ってほしいな。Dsc00329

ハバネロは5個撒いた種のうち、3個が発芽。1個はちょっと元気がありませんが、残り二つはいい感じになってきました。

大きくなれよ。

眠り姫

昨日、会社の人たちと遅くまで飲みました。お陰で今日はすっかりグロッキー。たまたま休みを取っていたんだけど、みんな無事に会社行ったのかな?

休日は必ず午前中から活動する私もさすがに今日はアウト。寝て、本読んで、また寝てっていう生活でした。学生に戻ったみたいだ。たまにはいいかも。

さて、明日はちゃんと行けるかな?

脳が。

まずい、ホントにまずい。最近、記憶力というか集中力というか、ストレートにいうと物忘れが激しすぎ。何故こんなことを言うかというと、今日、こっそりスクーターで出勤したところ、帰宅しようとしたら鍵が無い。まさかと思ってスクーターのところに行くと、メットインのロックのところに鍵差しっぱなし。幸いにも何も取れれてはいなかったんですが・・・。

一回くらいなら何にも言いませんが、実はこれが今年入って3回目。しかも今月2回目。どうしたんでしょう、私。若年性のアレでしょうか?最近は年始よりだいぶ仕事も落ち着いてきたんだけどなぁ。

そんなことを書いていたら、kashmir先生の「○本の住人」という4コマを思い出しました。

このマンガは両親を亡くした小学生の少女(主人公)と、児童作家の兄との貧乏生活を書いたマンガ。相変わらず、貧乏なマンガが好きな私です。

で、このマンガには主人公の少女以外は個性のある人ばかり登場します。兄が書く児童書は「フジツボ未亡人の逆襲」だし、担任の先生は春になると授業中に睡眠者を続出させる(含む本人)特技(?)を持っているし。その中でも特に代わっているのが主人公の友人で、ハーフの女の子。この娘、日本語がぺらぺらのクセに周りと会話が全く成り立ちません。もう好き勝手にしゃべるしゃべる。

「大事なのは気持ちだ!心じゃない!」(←一緒です。)

「将来はプロゴルファーになって、渋谷を血の海にするんだ!」

などの名言を残しています。

で、何でこのマンガを思い出したかというと、このハーフの娘の人物紹介が

「(主人公の)ハーフ友達。脳が。」

・・・どんな説明だよ。

あー私もどうやらやられてしまったようです。「脳が」

トホホホホ(涙)

○本の住人 1 (1) Book ○本の住人 1 (1)

著者:kashmir
販売元:芳文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

復活とコーヒー

や~っと体調復活。治るまで、10日以上かかったなぁ。やはり年なのかな。ホント季節の変わり目に弱いなぁ。

最近は少し鬱が入っているので、本ばかり読んでます。マンガからビジネス本まで。読み出すと止まらない。だけど家に引きこもっているのが嫌なので、図書館で読んだり、ドトールで読んだり。最近は成田のボンベルタのドトールが混んでいるのでどこか空いているところを探索中。成田市で静かで長い出来そうなコーヒーショップ、誰か知りません?

寄生獣

体調が回復しないので、家で静養が続いています。あぁ自転車で走り回りたいなぁ。

今日は自宅で岩明 均先生の「寄生獣」を読みました。このマンガ自体は1990年から1995年まで書かれたものなので、もう20年近く前の本です。久しぶりに読んだけど、やっぱり読み応えがあって、すごく面白い。

内容は、ある日謎の寄生虫のような生き物が飛来してきて、人間に取り付いていきます。取り付かれた人は頭部を食べられてしまい、その寄生した生物が食べた頭のように擬態して、何食わぬ顔で一般人のように生活します。

彼らの主食は「人間」で、擬態している頭を自在に変形させて、人間を食べてしまいます。(クリオネみたいな感じかな。)そのため、世界各地で「ミンチ殺人事件」が発生するが、寄生生物の存在に気付かない人類は、姿無き殺人犯に対して手をこまねいているだけになります。寄生生物たちは高度な知能を持ち、人間生活に溶け込みながら、こっそり人を捕食していきます。

しかしその高度な知識があるため、自分たちの正体に疑問を抱くものが出てきたりします。繁殖能力はなく、「人を捕食する」という本能しかない生き物。いったい何のために生まれてきたのか?

主人公の高校生・新一は、頭に寄生するはずだった生物が誤って右手に寄生してしまい、頭(脳)を奪われなかったため、一命を取り留めます。そのため、右手に寄生生物を擬態させた奇妙な共生生活送ることとなります。そして唯一、寄生生物のことを知っているため、誰にもその存在を伝えられないまま悩み、苦しみ、そして右手の寄生生物・ミギーと一緒に寄生生物たちと戦います。しかしミギーは寄生生物を倒すのは、あくまで宿主である新一を守るためであり、他人を守るという考えはありません。そのためミギーと新一はよく衝突します。だけど徐々にコミュニケーションが取れてきて、友情が芽生えていきます。そして「生き残る」ために共闘していきます。

ネタバレになってしまいますが、新一が寄生生物に取り付かれた母親との対面するシーンは泣けてきます。そこに立っているのがもはや自分の「母親」では無いと知りつつも、新一は自分の思いを伝えようとします。今まで自分の右手が寄生されていたことを黙っていたこと、幼い自分をかばって母親が火傷したことをずっと謝りたいと思っていた事・・・。

しかし相手は「母親」の姿をした別の生物。無常にも新一は「母親」に殺されてしまいます。

本当に読み応えのあるマンガです。ハリウッド映画として実写映画化が予定されているのもうなずける内容です。

未読の方はゼヒ一度読んでみてください。

寄生獣―完全版 (1) Book 寄生獣―完全版 (1)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

寄生獣―完全版 (2) Book 寄生獣―完全版 (2)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

寄生獣―完全版 (3) Book 寄生獣―完全版 (3)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

寄生獣―完全版 (4) Book 寄生獣―完全版 (4)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

寄生獣―完全版 (5) Book 寄生獣―完全版 (5)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

寄生獣―完全版 (6) Book 寄生獣―完全版 (6)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

寄生獣―完全版 (7) Book 寄生獣―完全版 (7)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

寄生獣―完全版 (8) Book 寄生獣―完全版 (8)

著者:岩明 均
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

連勝の止まる時

ハム、連勝が止まってしまいました。エース ダルビッシュだったから、今日は巻けること無いだろうと思っていたんですが・・・。敗戦の理由はエラー。やはりエラーをした方が負けるのですね。

しかし、ホントにここまで良くやってくれたと思う。14試合も連続で勝ったんですから。次は15連勝するつもりでまた明日から頑張ってください。

私の体調は風邪の症状が軽くなったと思ったら、今度は頭痛も始まりました。だけど、これって目の疲れ、肩のコリから来る奴かもしれません。今日は風呂にゆっくり使って自分を癒したいと思います。

体調不良。

風邪が治りきらない。治ったと思うと会社で咳が止まらない。熱があるようなら会社を休むのですが、頭が多少ボーっとする程度。あとは咳と鼻水。この程度では、サラリーマンは休めません。いっそ酷くなってくれれば休む言い訳が立つんだけどな。

明日は会社の医務の先生に見てもらおうかな。最近有料になったから、昔みたいに気軽に行けないんだよな・・・。

今日は早く休みます。

ポジに感動

mixi仲間のエビスwさんが「朝からうまくいかない日だったけど、忘れちゃった。やっぱり今日はイイ日だったなぁ。」といった感じの日記を書いていた。

それを読んでちょっと感動。悪いことは忘れて、楽しかったことを思い返して、今日は良しとする。気持ちいいくらいのポジティブシンキング。

物事なんて取り方しだいでどっちにも取れるからね。

この考え方、見習いたいね。

秘密の通路

やっと風邪が治り始めてきました。若い時と違って時間がかかるなぁ。風邪引いた原因は季節の変わり目を上手くこなせなかったことと、会社の冷房のせい。直接体に当たると、暑がりな私でも辛いです。金曜までに完治させて、土日は休日を堪能したいな。

会社の帰り道でのこと。いつもは京成の東成田から帰るのですが、余裕をかましていたら乗り遅れました(涙)。東成田は電車の本数が少ないので、第二ターミナル駅に行くことにしました。東成田から第二ターミナルへは、地下道を通っていくことが出来ます。

Dsc00316 たぶん通勤客しか知らないんじゃないかな?この通路。旅客や空港に遊びに来た人は使いませんからね。それ以前に東成田駅を使わないかな?

ここって人通りがほとんど皆無だから、歩いていると「自分しかいないんじゃないか?」って不思議な気分になります。距離的には5分くらい?なんですが、とっても長く感じます。

私はこの通路を歩くのがちょっと好きです。通路のどこかの壁に隠し扉があって、そこから秘密基地につながっているのは?とか、ず~っと永遠に続いてたりして~なんていろんなことを想像しながら歩いていると、ちょっと楽しいですよ。

12連チャン

日ハムが球団新記録の12連勝&交流戦新記録の10連勝。パチパチパチ。

それにしても地味だなぁ。全然強さが感じられない。何時の間に12回も連続で勝ったんだ?

しかしさすがに「勝つ秘訣」がわかってきました。それは投手力と守備力と運!(笑)。

今日の12勝目が全てを物語ってますな。先発 武田勝が丁寧に試合を作っていくけど、打線は相変わらず火を噴きません。だけど少ないチャンスを高校野球並みのバントで進塁させます。そうするとあら不思議。相手が勝手にミスしてくれます。それで点が入ったら継投に継ぐ継投で逃げ切ります。今日も相手一塁手がトンネルして決勝点。あとは継投で淡々と9回まで終わってしまいました。ここで重要なのは相手がしたようなミスを絶対にこちらがしないこと。これが重要ですね。

やはり何でも「ミスしたら負け」なんですね。

しかし今は投手が良くなってきたからいいものの、そう何度も抑えてくれるわけではありません。そろそろ打線が爆発してくれないと。長いシーズン乗り切れませんよ。

そんなハムに朗報が。新外国人選手としてミッチ・ジョーンズ内野手を獲得する方針を固めたそうです。ジョーンズ選手は右打ちの長距離砲で、早ければ6月中旬にも来日できる見通しだそうです。おぉ、これでチーム本塁打が最下位という汚名を返上できるのですね!だけどプロフィールを読んでみてびっくり。

「・・・昨季は121試合で145三振と荒さは目立つが・・・」

・・・まてまて。三振が多い奴はいらんぞ。ただでさえ日ハムは三振の多いチーム。特にセギノールは2年連続の三振王で、今年もトップを独走中。優勝の前年である2005年はチームで1151三振してしまい、プロ野球新記録を更新してしまいました。その年は1位がセギノール(141三振)、2位が木元(138三振)とワンツーフィニッシュしたばかりか、6位が小笠原(114三振)までいます。

優勝した昨年はチームで897三振と大幅に改善。これが優勝の一つの要因と思われます。(だけどワースト10にはセギノール、森本、小笠原の三人がいました)あぁそれなのにまた三振をするバッターを取ってくるのですね。まぁ今の状況ではしょうがないといえばしょうがないのですが・・・。

日本向きで打率が残せると言われて獲得したグリーンが未だ二軍でも成績を残せない現状ではしょうがないのですね。

とにかく選手層が薄いので早く契約にこぎつけて欲しいものです。

因みに私ですが、未だに風邪が治りません。同僚からは「違う病気かもしれないから、早く病院に行け」と言われてます。

じゃあ病院が開いてるうちに退社させてよ!

負けを認めること

新しい上司に「君は私と同じで情報システム関係の学校を出ているわけではないそうだね。ここでやっていくには何か負けない何かを作りなさい」って言われました。

うーん、この部屋の上司にそんなこと言われたの初めてだな。ちょっとびっくり。今までなら「何言ってんだコイツ」って思うんですが、先日、自分の中でいろいろ「負け」を認めてから、何だか気分がスッキリしてます。なので、このアドバイスも真摯に聞ける気分。さて、問題はどういった強みを作るかだなぁ。

昨日のケンケンさんとの友人対決は再びハムに軍配が。これで球団タイ記録の11連勝。去年も11連勝があったのですが、この頃はちょうど北海道に行ってました。ホトンド野球のことを忘れていたなぁ。そういう力を抜いた年に限って日本一になったなぁ。

それにしても何故勝っているかちっともわかりません。今日もどちらかというと、たまたま阪神打線が不調だったっていう感じ。日ハムの先発、グリンは四球もあったから7回途中を1安打ピッチングって言われても「そうだっけ?」っていう感じだったなぁ。

相変わらずホームランは出ないし、中継ぎ陣だってピシャリと抑えてるというより、ランナー出すけど何とかっていう感じだなぁ。次は好調広島との2連戦。連勝を伸ばして欲しいけど・・・・。

VS友人

風邪が治らず、買い込んだ本を読んでました。だいぶ楽にはなってきたけど、相変わらず咳と鼻水が止まらない。月曜には治ってくれよ・・・。

プロ野球は交流戦まっさかり。先日、両親との対決(巨人)を終えた龍乳ですが、今度は友人との対決が待っていました。

友人のケンケンさんは熱烈阪神ファン。二軍選手とかまでよく知ってますわ。しかし今年の阪神はちょっと不調。怪我人続出、打線も湿りがち。岡田監督も打順を替えたり、選手を入れ替えたりしてるんだけど、なかなか結果が出ないようです。それでも1ゲーム差の4位。やはり強いチームは勝っても騒がれないけど、負けると大騒ぎされるから、実際より負けてるイメージがありました。

で、その阪神と日ハムの対決。ネットの動画配信で観戦しました。

ハムの先発、ダルビッシュが8回を危なげない投球でまとめて9回はお休み。この時点で7点差がついていたので、悪いけど楽勝かなって思ったら・・・。二番手の須永が滅多打ち。紺田外野手の不味い守備にも足を引っ張られ、満塁にした挙句に阪神金本選手にホームラン!。それでも大量リードが効いてまだ3点あるなって思っていたのも束の間。3番手江尻が二連打。仕方ないので抑えのエース、マイケルをまさか、まさかの投入。そのマイケルもいきなり四球を出してしまい、またまた満塁で阪神は代打濱中。この時点で負けを覚悟しました。しかしその濱中が初球を簡単に打ち上げてくれて2アウト。最後は関本内野手を内野ゴロに打ち取ってゲームセット。

滅多打ちされた阪神と、楽勝から一転、最終回に3人も投手を投げさせる羽目になった日ハム。なんだかどっちも後味が悪い試合になりました。

しかしハムはこれで10連勝。頑張って連勝を伸ばしてくれ・・・。

人の入れ替え

風邪が悪化。何かスゴクだるい。マイッタなぁ・・・。

昨日の記事で「オリックスの宮内オーナーが巨人移籍の谷、ロッテ移籍の早川、自由契約で中日入りの中村の名前を列挙し、『うちを出た3人の活躍ぶりを見ると、トレードはことごとく失敗』と断罪した」と出てました。

確かに三人ともすばらしい活躍。谷はケガが直って二番打者として大活躍。中村ノリも打撃が復活して恐竜打線の一員となってます。一番意外だったのが早川。まさかここまで活躍するとは・・・。

三人にいえるのはオリックスに残っても活躍したかな?ってところですか。谷は巨人に出されたこと、そしてオープン戦で巨人OBにボロクソ言われたことで奮起したし、ノリは年俸でもめて、すっかり悪いイメージが着いてしまい、それを払拭するために頑張っている感があるし。早川は外野は村松、大西に外国人が二人いるので激戦区。オリックスに残っても出番はあったかどうか?

オリックスだっていい選手を取ったと思いますよ。入団した頃は「篠塚二世」といわれた長田と速球派の鴨志田。トレードが発表された時は、谷の活躍を予想できなかったので、「オリックスは上手い事やったなぁ」って思ったものでした。早川と辻のトレードだって、普通同一リーグにチームの頭脳であるキャッチャーを出したりしないのに、見事獲得。今年のオリックスは違うなぁって思ったんだけど。

オリックスとしては高年俸のベテラン(谷34歳 ノリ34歳 早川32歳)を放出して、安くて将来性のある選手(長田23歳 鴨志田24歳 辻28歳)を取ったっていうことだと思います。ただ、低迷しているチームがやることかどうかは疑問。長期的にチームの改革を狙うにはいいトレードだと思いますが。

ハムは若手を放出してベテランを取るのが大好き。私はこれが嫌でしょうがなかったんですが、最近は勝つためにはこれが必要なんだなって思うようになりました。自チームでは他が育ってしまい、このままいても活躍の場がなさそうな選手を、「今」チームとして必要な選手と交換する。育成は育成として、足りないところは積極的に取りに行く。これがハムのやり方で、去年は日本一という結果になりました。

以前は抑えが不在だったので、横山⇔野中のトレード。中継ぎが足りなければ昨年の岡島⇔実松+古城、今年の正田⇔金沢のトレード。いずれもハムが若い選手を出して、チームの弱点を埋めています。

なので低迷しているオリックスはベテランを出して、将来性のある選手を取るのではなくて、チームの弱点を補強すべきだったのでは?なので第三の捕手を取った早川⇔辻はこれはこれで失敗とは言い切れないのでは?と思います。

確かに放出した選手が活躍したのはくやしいとは思うけど、チームでは不要な人材だったと思えばいいのではないかな。

仕事が報われる時。

風邪が治りません。ノド→セキ→鼻水と順序良く悪化しています。昨日は早く寝たんだけど、早く目が覚めてしまった(笑)。年取ると寝れなくなるっていうけど、それなのかしら?珍しく晩酌する気もおきず、休肝日となりました。・・・せめて3日に一回は休肝日を入れたいんですけどね。最近はストレスが溜まることが多くなって、どちらかというと飲む量が増えてるし・・・。今日も早く休んで、明日の休日は元気に堪能してやる!

日ハムが9連勝。しかし実感が無いなぁ。勝ち方にスゴさっていうか、強さが感じられません。ホームラン連発で相手投手粉砕!とか、二桁安打で大量得点!とか。9連勝中、完封も木下投手の一回だけじゃないかな?なんで勝ってるんだろう?

そういえばホトンドが相手がエラーして勝たしてもらってる。やはり物事はミスが少ないほうが勝つんだなぁ。しかし9連勝しても3位か。ロッテとソフバンの強いこと・・・・。

今日はウチの部署の上の方たちは、システムを発注した業者と完成祝いの飲み会をしに東京に行きました。

私たち平の管理職と一般職は無し。会社でお仕事です。完成させたの、ウチらなのに。まぁ両社の役員、部長なんて来る飲み会、出たくもないけど。

そういえば完成したのにウチらには「オツカレ」の一言もなかったなぁ。よくビジネス本とかで、こういう一言が言える人は出世するみたいなのがありましたが、あれってホントね。心なんてこもって無くてもいいから、「よくやった」って言ってもらえるだけで、結構むくわれるものです。

ウチの上司たちは、少しそういう本を読んで勉強したほうがいい。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »


-天気予報コム-
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
無料ブログはココログ