« 負けを認めること | トップページ | 秘密の通路 »

12連チャン

日ハムが球団新記録の12連勝&交流戦新記録の10連勝。パチパチパチ。

それにしても地味だなぁ。全然強さが感じられない。何時の間に12回も連続で勝ったんだ?

しかしさすがに「勝つ秘訣」がわかってきました。それは投手力と守備力と運!(笑)。

今日の12勝目が全てを物語ってますな。先発 武田勝が丁寧に試合を作っていくけど、打線は相変わらず火を噴きません。だけど少ないチャンスを高校野球並みのバントで進塁させます。そうするとあら不思議。相手が勝手にミスしてくれます。それで点が入ったら継投に継ぐ継投で逃げ切ります。今日も相手一塁手がトンネルして決勝点。あとは継投で淡々と9回まで終わってしまいました。ここで重要なのは相手がしたようなミスを絶対にこちらがしないこと。これが重要ですね。

やはり何でも「ミスしたら負け」なんですね。

しかし今は投手が良くなってきたからいいものの、そう何度も抑えてくれるわけではありません。そろそろ打線が爆発してくれないと。長いシーズン乗り切れませんよ。

そんなハムに朗報が。新外国人選手としてミッチ・ジョーンズ内野手を獲得する方針を固めたそうです。ジョーンズ選手は右打ちの長距離砲で、早ければ6月中旬にも来日できる見通しだそうです。おぉ、これでチーム本塁打が最下位という汚名を返上できるのですね!だけどプロフィールを読んでみてびっくり。

「・・・昨季は121試合で145三振と荒さは目立つが・・・」

・・・まてまて。三振が多い奴はいらんぞ。ただでさえ日ハムは三振の多いチーム。特にセギノールは2年連続の三振王で、今年もトップを独走中。優勝の前年である2005年はチームで1151三振してしまい、プロ野球新記録を更新してしまいました。その年は1位がセギノール(141三振)、2位が木元(138三振)とワンツーフィニッシュしたばかりか、6位が小笠原(114三振)までいます。

優勝した昨年はチームで897三振と大幅に改善。これが優勝の一つの要因と思われます。(だけどワースト10にはセギノール、森本、小笠原の三人がいました)あぁそれなのにまた三振をするバッターを取ってくるのですね。まぁ今の状況ではしょうがないといえばしょうがないのですが・・・。

日本向きで打率が残せると言われて獲得したグリーンが未だ二軍でも成績を残せない現状ではしょうがないのですね。

とにかく選手層が薄いので早く契約にこぎつけて欲しいものです。

因みに私ですが、未だに風邪が治りません。同僚からは「違う病気かもしれないから、早く病院に行け」と言われてます。

じゃあ病院が開いてるうちに退社させてよ!

« 負けを認めること | トップページ | 秘密の通路 »

北海道日本ハムファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98566/6680053

この記事へのトラックバック一覧です: 12連チャン:

« 負けを認めること | トップページ | 秘密の通路 »


-天気予報コム-
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ