« 朝から自転車通勤 | トップページ | 献血 »

競争と共存

西武のスカウトがアマチュア2選手に対し「栄養費」の名目で計1000万円以上の“裏金”を渡していたことを明らかにしました。04年に起きた「一場事件」が記憶に新しいところですが、いまだに続いていたんですね。

西武のドラフト会議参加権はく奪に発展する可能性まであるそうです。もらっていた額も2選手に対し計1025万7800円を渡していたそうです。学生がこんなにもらうんですね。

西武は2選手の名前と年齢を公表せず、ドラフト会議で指名しなかったことだけを明かしましたが、ある新聞ではひとりは関東の名門大学に所属する3年生内野手、もうひとりの選手は関東の社会人チームの投手であると報じています。(午後になって投手は東京ガス 木村投手と判明。この投手はロッテへの入団を希望し、横浜の指名を拒否しました。西武は払い損???もう一人は早稲田の野手だそうです。)

こういうことがあるから、「好きな球団は○○。それ以外にはドラフトで指名されても行きません」なんて言われても???って思ってしまうんですよね。

完全ウェーバーにして、代わりにFAの期間を短くするっていうのが、一番良いのでは?って思うんですが、どうなんでしょう?

ただ、努力している球団もそうでない球団も同じように選手を採れるのはそうれもどうかと思います。サッカーは完全に自由競争らしいけど、それでうまくいくならそれもありかもしれません。ただそうすると資金力のない球団は良い選手が採れなくなって、また「球団再編」なんてことにもなりかねません。

難しいですね。

何れにせよ、今回のドラフト改革は「失敗」だったということです。西武は今年のドラフト会議参加権はく奪に発展する可能性もあるそうです。

前回の「一場事件」の時は、一球団が発覚したら他球団にも波及しました。

ハムは変なスカウト活動をしてないことを祈りたいです。

・・・まぁ、ハムじゃないと行きませんっていう選手、聞いたことありませんが・・・。

« 朝から自転車通勤 | トップページ | 献血 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98566/5634899

この記事へのトラックバック一覧です: 競争と共存:

« 朝から自転車通勤 | トップページ | 献血 »


-天気予報コム-
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ