« 競争と共存 | トップページ | 油冷と水冷 »

献血

1年間の献血者数が昨年、初めて500万人を下回ったそうです。少子化などで若者による献血が減少する一方、安全対策の強化で献血対象者を一部制限していることも影響しているとのこと。

私は献血に抵抗のない人なので、よく献血してました。理由は特にないですけど。強いて言えば、まぁ自分でもちょっとは役に立つのかなって。

しかし最近はしなくなりました。というかできなくなりました。これが先ほどでた「安全対策の強化で献血対象者を一部制限している」って奴に私が引っかかったから。

この中にイギリスに1980年から1996年まで一泊以上行ったことがある方~というのがあります。私は仕事で1996年から二年間、海外に行ったり来たりしてました。その中にはイギリスも含まれていたため、この献血対象者の一部制限に引っかかるようになりました。

詳しく調べれば1996年はイギリスには行ってないかもしれません。だけど何だか自分の血に問題があるようにいわれている気分がして、もういいやっていう感じです。

確かに何かに感染した血を献血して、他の方にうつしたらそれは非常に問題なので、疑わしきは、っていうのは十分わかります。

だけど、ちょっと残念ですね。

« 競争と共存 | トップページ | 油冷と水冷 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98566/5640515

この記事へのトラックバック一覧です: 献血:

« 競争と共存 | トップページ | 油冷と水冷 »


-天気予報コム-
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ