« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

テニスシテミル。

今日は月に一度のテニスの日。天気はそこそこ持ちそうです。

Dsc00357 Dsc00360

しかし月末のためか、不参加者が続出。寂しい人数での実施となりました。人数が居ないということは、一人当たりのプレーしている時間が多くなるというわけで・・・・。

いやぁ~夕方には歩くのがイヤになるくらいになりました。普段の運動不足が祟りまくりです。何だか全身に憑き物がついているようですよ。

その後、Yさんの希望で参道にあるカレー屋さんに行くことにしました。

「NEW WORLD COOK」というお店で、成田駅から参道を通って、成田山と郷部に分かれる手前の二股の近くにあります。

昔はチャイルド徳利とかセキとかがあったあたりです。

出てきた店員さんはインド人。日本語はメニュー程度しかわからないようです。店の内装もインド風。本格的だなぁ。

そこでみんなでシーフード、マトン、ベジタブルといったカレーを頼んで、みんなでシェアしました。

Dsc00362 Dsc00363

ひさしぶりに本場のカレーを食べたけど、旨いなぁ。しかもナンがモチモチして最高。ちなみにナンもガーリック、チーズ、ゴマといった各種類があります。それら全てがウマイ。

・・・ビールが飲めればもっと最高だったのですが、今のご時勢、飲酒運転は絶対にノウです。ガマンガマン。

それにしても最近夕食をまともに食べてなかったせいか、スグに腹いっぱいに。うぅ、くやしい。

体調を整えて、また来たいです。

勝利の感激に浸ってミル・・・。

日ハムがレギュラーシーズン1位通過を決定しました!

うれしいですね。昔だったらリーグ優勝ですよ。正直今年は補強が上手くいっていないので、楽天と最下位を争うと思ってました。それがこの結果・・・。優勝と別物とはいえ、長年のファンとしては感慨深いです(涙)。

今日は平日は飲まないと決めているビールで祝杯。私は特別な日にはエビスの黒と決めています。Dsc00356 さすがにビールかけはやりませんでしたが・・・(笑)。日本一になったら印旛沼にでも入りましょうか?(笑)。

シーズン1位通過の第一の理由はヒルマン監督が考えを改めた事でしょうね。去年までのバントはしないで全て強行という戦法を捨て、徹底した送りバント、犠打の嵐。スモールベースボールに徹したのがよかったですね。

次に新人選手の大活躍。オープン戦ではストレートの時には雄たけびを上げるため、球種が誰でもわかると酷評された八木投手がまさか12勝もあげるとは・・・。また、シダックスから入った武田勝投手も怪我があったにもかかわらず、先発に食い込んでがんばってくれました。この両左腕がシーズン1位の一因であるのは間違いないですね。後は二年目ですが、ダルビッシュ投手が頑張ってくれたこと。今日は中継ぎに回り、雄たけびをあげながら投げてくれました。

そして中継ぎ、抑えの充実。武田久、マイケル中村という勝利の方程式が確立されたこと。武田久は昨年から抑え、中継ぎをテストされていて、コントロールはいいなぁ・・・って思った投手ですが、まさかこんなに大化けするとは・・・。

マイケルは交流戦で始めてテレビで見ました。彼のカーブを見た瞬間、ウチのオヤジ(熱烈巨人ファン)と「うわッ!」と声出してしまいました。スッゴク曲がるんですもん。絶好調なら、そう簡単に打てない球ですね。

そして日ハム長年の課題だった1,2番が確立されたこと。当初はマシーアスを一番に据える予定でしたが、バットにボールに全く当たらない。なので、苦肉の策で森本一番 田中賢介二番という打順を組んだら、これが嵌まりました。

森本はそこそこ打つのですが、三振が多すぎるバッター。今年も三振は多かったのですが、出塁率が上がったので、そのまま一番となりました。ホームランも打てるしね。明るいキャラクターもハムに居なかったタイプなので、このまま頑張って欲しいですね。

そして大きかったのが、田中賢介。素質はスッゴク買われていて、いつかは出てくるだろうと思っていたのですが・・・。二軍では好成績なのですが、一軍に来るとさっぱり・・・というのがここ数年続いていましたが、今年はヒルマン監督が耐えに耐えた結果、二番ニ塁で定着しました。去年までの二塁、木元選手は守備が余りにも・・・な人なので、田中の方がまだ安心して見れます(笑)。犠打もそつなくこなし、出塁もそこそこな田中は2番にはまり役でした。

後は1.2番ともに、盗塁を増やしてください。盗塁数は西武の1.2番の足元にも及ばないので・・・・。

そして一番大きかったのは新庄選手の存在でしょうね。大人しい選手が多く、地味なチームだったのですが、新庄選手が一人で盛り上げてくれました。そして新庄選手のムードと引退宣言に乗せられて、ここまでこれたと思います。

最初、新庄選手は正直余り好きではありませんでした。なんで取ったんだろう?と思うときもありました。

しかし、ハムに来て、北海道に来て、チームを引っ張ってくれた彼には本当に感謝してます。どんな時にもチームを盛り上げ、最後まで「明るく」戦うというのをハムナインに教えてくれたと思います。ちゃらんぽらんしているようだけど、野球には真摯に向かってくれているというのはよくわかりました。

彼のお陰で日ハムは、広沢、池山、古田と揃っていたヤクルトの雰囲気に似てきたなぁと思ってます。

願わくば、彼のプレーを一試合でも多くみたいです。

プレーオフに勝たなければ優勝とは認められませんが、今年一年戦った結果、1位となった日ハムナインに御礼を申し上げます。

プレーオフでも、ファンに夢を見させてください。

今日もハムを応援シテミル。

本日の成田は大嵐。なんでしょう、この天気。台風みたいです。

オオッ!ついに日ハムが首位。しかもマジックが1となりました。といっても残り1試合ですが(笑)。明日、日ハムが勝つか引き分けるとシーズン1位通過、2位西武が負けるか引き分けてもシーズン1位通過。
まぁシーズン1位と優勝とは別の話なのですが、それでも1位通過が目標なのは間違いありません。なんていってもプレーオフをとても有利に進めることが出来ますので。
日ハムナインには頑張って欲しいものです。

明日、もし日ハムがシーズン1位通過を決定したならば、一人で祝杯をあげたいと思います。ビールかけでもしようかしら(笑)。

明日の先発は日ハム 武田勝 ソフトバンク 和田。

私の予想は・・・まぁダメでしょうね(暴)。
伊達に長く日ハムファンをやっているわけではないので、これくらいで喜ぶわけにはいきません。

・・・まぁそれでも期待してるところはあるわけで(笑)。

頼むよ武田。

ラーメンを食べてミル。

こんばんは。

日ハムがドラフトで田中を外しました。ここ数年は強気のドラフトで、須永、ダルビッシュ、陽といい選手を取ってきたハムですが、今回はダメでした。残念~!

日曜日は成田に新しくできたラーメン屋に行って来ました。新しく成田にできた『中華そ 麦家(ばくや)』さん。情報源は私の大学の友人 青島ユージさん。サンキューです。

場所は成田の日赤がある通りです。日赤と三菱自動車さんの間のお店が連なっているところです。・・・実は最初、違うところで探してしまい、見つけるまで一時間くらい探しました(ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)Dsc00351゚。-----ン!!!!)。Dsc00350

こちらのお店は基本のラーメンがあって、それに好きなトッピングを追加する形です。トッピングは別皿で用意してくれます。また、大盛りも普通盛りも料金は一緒です。親切ですね。そしてスープは普通と魚介の二種類があります。今回は初めてなので普通にしました。

私はトッピングに唐葱を頼んだのですが、まずはそれをのせず味を楽しみました。別皿だと、こういうことが出来てよいですね。普通を選んだスープですが、味はさっぱりとした魚介系。普通といっても風味が強く、旨い。面は太めでコシがあります。はっきり言って、美味しいですね。少し食べてから、唐葱を投入。一気にスープの味が変わります。一度で二度美味しいです。例によって大盛りを頼んだのですが、軽く平らげてしまいました(笑)。

いやぁ~、久々の当たり店。青島さんに感謝、感謝です。

次回は魚介スープにチャレンジしたいです。

悲しんでミル。

今日は野球ネタです。

日ハムのエース、金村投手が本日ロッテ線に先発。ここまで9勝を上げている金村投手は5年連続二桁勝利が掛かった試合となりました。また、昨日負けたチームは残り3試合で絶対に負けられない試合です。

しかし金村投手は5回の途中、2アウトまで取るまでに8安打2失点。5回も2アウト満塁となったところでヒルマン監督が動いて投手交代。勝ち投手の権利を得る5回終了まであと一人でした。結局、次の投手が打たれて負け投手となりました。

負けたのはしょうがないのですが、問題は試合後。

金村投手が「絶対許さない。外国人の監督だから個人の記録は関係ないのでしょう。顔も見たくない」と監督批判を繰り広げたそうです。

チームは25年ぶりの優勝に向けて一丸となっている最中。昨日負けたのだから、エースの金村投手にはみんな期待を賭けていてでしょう。それがあの投球の上に、この発言。

もし日本人の監督で、

もし温情采配をしてくれて、

もし自分が2死満塁を抑えたら、

自分は10勝あげられたのにってことですか?

日本人監督だったらそのまま投げさせたのでしょうか?一つも落としたくない大事な試合で、今まで継投で勝って来たチームの監督が?たったの5回で8安打も打たれている投手を?

今までは残念ながら優勝争いからは遠ざかってきました。なので、順位を無視して温情の采配はあったと思います。しかし今年は違います。1位が狙えて、1位なら3勝勝ち抜けのプレーオフで、無条件に1勝が与えられます。絶対的に有利な状況になります。

前にも書きましたが、金村投手は高校のころ、日ハムファンで、それが関係者の目に留まり、晴れてドラフト1位で入団しました。

沢山の人気球団がある中、ドラフト1位候補が日ハムファンだ何て、とってもうれしかった。

ここ数年は怪我をしながらも10勝を上げてくれて、とってもうれしかった。

なのにココに来てこの発言。

この時期に、

こんな発言を、

金村投手がした事がとても残念です。

チームも金村投手もこのまま終わって欲しくないなぁ・・・。

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ