« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

まだまだ長野に行ってミル。

長野ツーリング二日目。

Pict0003_2

いつもどおりの不眠症で、寝ぼけ眼のまま起床。J君は快眠だったようでウラヤマシ~。スノーベルで朝食をいただいた後、9時に再スタートを切ることにしました。ビーナスラインは渋滞だろうから、スノーベル オーナーの安藤さんに教わった「裏」ビーナスライン→ビーナスライン→千曲ビューラインを抜けることにしました。Pict0002_3Pict0005_2

お世話になったスノーベル

裏ビーナスラインとは、192号から諏訪茅野線を通って霧ケ峰高原を超えるラインで、ほとんど車のいない、穴場のコースです。ちょっと細い箇所もありましたが、ワインディングの連続でなかなか楽し~。霧が峰で小休止。ついでに会社と実家へのお土産を購入。会社用に購入した「白い雷鳥」はどっからみても北海道の「アレ」にそっくり。いいのかなぁ(笑)。

Dsc00323

どこかで見たことが・・・。

そこからビーナスラインに合流して、一路、美ヶ原へ。ここからはさすがに混んでます。途中、落石の復旧工事のために一方通行になっていたりします。先月の大雨のせいですかね。もうスグ美ヶ原のパーキングってところで、渋滞が本格化。登りの山道を半クラッチ多用で登りました。死ぬ~。

やっとこさで美ヶ原到着。ついても何も無いんですけどね(笑)。とりあえず一休憩してから、出発することにします。それにしても本日はピーカンな好天。こんな中、自転車で上っている人が数多くいました。みんなスゴイなぁ・・・。

Pict0009b

ここから山を下って、丸子町を目指し、千曲ビューラインに入ります。このビューラインなんですが、適度に曲がりくねっているし、車の通りも少なくて、とても楽しかった。もう一往復したかったけど、台風が日本に向かっているため天候が読めません。あきらめて、今日の昼ごはん、「鯉丼」を食べに佐久に向かいました。残念。

佐久に着いてから、適当にぶらついていると鯉丼をメニューに掲げているお店発見。めずらしく一発で見つけたなぁ。さっそく注文しました。

運ばれてきた鯉丼は、どんぶり飯の上にカラッと揚げた鯉の切り身が三枚のってました。早速いただくと、鯉がサクサクしてまいう~。うな丼のようなタレもマッチしてます。もっと泥臭いかと思いましたが、ソレは皆無。しかし味は鯉なのかと言われると、タレの味がしみついた衣のお陰でよくわかりません(笑)。

Pict0010Pict0011_1 

三河屋さんの鯉丼

鯉丼食べて、幸せ気分に浸ったら、後は帰るだけ。佐久から高速に乗り、関越から外環周り、柏インターで降りました。途中は予想通り渋滞。雨も降ったり止んだりで、ヒヤヒヤモノでしたが、どうにかもってくれました。柏までは(笑)。柏に付いた瞬間、大雨。まさに夕立です。走行してたのはものの数分だったのですが、あっという間にびしょ濡れ。途中で雨宿りして雨をやり過ごしました。あ~あ。

結局このあとライコランドに寄ってから帰宅。疲れてるのにバイクの用品店に寄るなんて、バカですね~。

北海道以来のツーリングでしたが、堪能してまいりました。

今回お世話になったスノーベルさんのホームページはこちら。ライダーはもちろんですが、普通のお客さんもいますよ。(今回もお子さん連れのお客さんがいました。)蓼科高原にいかれる際には、ぜひ利用してみてください。ホームページ内にある、お客さんの愛車に私も入ってます!

ttp://homepage3.nifty.com/go-snowbell/

*アドレスの先頭にhを付けてね。

長野に行ってミル。

こんばんは。

友人のお盆休みを利用して、長野にツーリングに行くことにしました。

朝7時に成田警察署前のセブンイレブン集合。今回は一人旅ではなく、昔のバイト仲間のJ君が同行します。先日のブログで、オークス成田店のバイト仲間で飲み会に間に合わなかったのが彼です。成田はあいにくの曇り空っていうか、こりゃ、降るんじゃないか?玉造からきたJ君はレインウェア着てます。どうやら玉造は降っていた模様。とりあえず私は着ないで出発することにしました。まずは富里インターから韮崎のインターを目指すことにします。途中、市川でついに雨が降り始めたので、私もレインウェアを装着。J君が「ソレ見たことか」という顔で見ております。

    Pict0001        

J君の愛車「隼」と龍乳の「バンディット」

八王子の辺りで渋滞にはまりましたが、他はおおむね順調。なかなか快適な走行が続きました。ただ、300Kmまでメーターが刻んである、J君の「隼」には、私のノロノロペースでは余りにもかわいそう。談合坂SAで休憩したあと、次の休憩地、双葉までは別行動することにしました。

詳細は書けませんが、私は高速ではX20kmくらいで走るのが一番快適なんです。ただ、知り合い同士のツーリングだと、最低X50km、早い人だとX00kmを遥かに超えて走っていきます。(Xには好きな数字を予想して入れてくださいw。)

ツーリング仲間の女性でも私よりぜんぜん速いですね~。ただやっぱり恐怖が先に立っちゃうので、皆には悪いけど私はマイペースで行かせて貰ってます。じゃあ何でデカイの乗ってんだって言われそうですが、まぁ楽しみ方は人それぞれということで・・・。

それにしても今回はJ君に悪いことをしました。スマヌ。

双葉で再合流した後は韮崎を降りて27号→20号→17号と走りました。途中で昼をとることにして、富士町の「おっとこ亭」へ。有名店らしく、店内は大混雑。外のカンバンには40分待ちの文字が・・・。ディズ○-ランドですか?ここは?。

Pict0007_1Pict0009

さっきまで40分待ちだったのが・・・。

しかし私もJ君もいい加減疲れたので、ゆっくり待つことに。この時間くらいから急にいい天気になってきたので、非常に暑かった・・・。店内で無料で置いてあるきゅうりに味噌をつけながらボリボリかじって待ってました。あれ、途中から待ち時間が60分になってる・・・。

当初の予定通り、40分後くらいに名前が呼ばれて着席。もりそばを二人前ずつ(計4人前)、野菜天とソーセージを一個ずつ頼んでシェアすることにしました。

最初に来たのはソーセージ。うーん、フツーだ(笑)。でもプリプリして旨いや。そしたら我らのヨコを厚切りベーコンがジュージュー言ってるのが運ばれていきました。ヤベー、当たりはアッチだったよ!

次は野菜天。これもおいしい。そして最後に待ちに待った蕎麦登場。二人前は結構あるなぁ。葱とわさびをめんつゆに入れたら、いっただきま~す。

・・・こんなものかな?正直、味がしないというか、硬質な感じっていうか・・・。後で同僚に聞いたところ、信州の蕎麦ってそんな感じだよって言われました。まずいわけではないのですが、期待が大きかった分、ちょっとね・・・。

そこからは茅野市に入って、本日の宿、「スノーベル」に行きました。こちらのオーナー、安藤さんはJ君とBMW(!)のF650GSというオートバイつながりでお友達同士。私も数年前、スノボで利用させていただきました。

宿に着いたのが早かったので、近くの温泉で汗を流してきました。あぁ蘇る・・・。途中であった腸詰屋で、ソーセージのリベンジ。注文したプレーンのソーセージを見て、「これだよッ!」(笑)

Dsc00320

Dsc00319

J君、酒は止められているだろう(笑)

あぁ旨い。晩飯前なのにビールまで飲んでしまいました。

この後宿で一休みして夕食。本日はチキンとお魚。チキンもさることながら、魚が激ウマ。ソーセージで結構腹が膨れていたのに、幾らでも入りました。もう一匹欲しいくらいだなぁ。

Dsc00321

スノーベルの夕食

その後はオーナーの安藤さんと他のお客さんを交えてバイク談義。途中からは80~90年いのレースの話に熱が入りました。私がバイクに嵌まる切っ掛けになった水谷勝さん、天才フレディ・スペンサー、ランディ・マモラ、ワイン・ガードナーetc。当時のマシンの話など、夜遅くまで盛り上がりました。

すっかり夜が更けたので就寝。明日はビーナスラインを抜けて千曲ビューラインを目指します。

« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »


-天気予報コム-
フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ