« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

機械に助けられてミル。

こんばんは。

仕事は立て込んでいるのですが、偏頭痛が治まらないので、そうそうに退社してきました。精神的に弱いなぁ、我ながら。

先日、コンビニのATMにお金を置き忘れたことを書きましたが、後日談がありますのでご報告を。

あれから友人の訃報を聞いて、いろいろお金が必要となったので、再度おろしに行きました。そしたら前回おろした分が引かれていません。念のため、通帳を記入してみたんですが、やはりあの時の履歴がありません。

しかし私の手元にはあの時おろしたお金の「ご利用明細票」があります。私が取り忘れた額がきっちり書いてあり、残りの金額も記載されています。

これはいったいどういうことなんだと言う事で、成田市立図書館の前にあります、ちばぎんに行ってきました。

対応してくれたお姉さんによると、ATMで出金されたのにお金を取らないので、自動的にお金がATMに戻り、キャンセル扱いになったそうです。

つまりあの取引は無かったことに。

ちばぎんのお姉さんに結末を教えていただいた際、頭が真っ白になりました。最近のATMはよくできてるんですね。私にとって幸いだったのは次に誰もいなかったこと。忘れた当日から思いっきり凹んで、そのとり忘れた額で買える物がたくさん浮かんできました。額が大きかったので、アレも買えた、コレも買えたって。なんて俺はバカなんだろうって、何度も何度も考えました。

それが無かったことになるなんて。

前回のお金を取り忘れた回のブログにコメント入れてくださった皆さん、すいません。こんなオチが付いて。

それにしても先週あったことを考えると、何もかも現実感がありません。お金を取り忘れたこと、日ハムが優勝したこと、そして友人が亡くなった事。

一つが無かったことになったんだから、全部、無かったことになってもいいなって思います。ホントにね。

偲んでミル・・・。

こんばんは。

友人が去る10/25に亡くなりました。

享年36歳。

一人暮らししていた部屋で倒れているのを、出勤してこないのを心配した同僚の方々が発見したそうです。発見されたときには彼はすでに絶命しておりました。

私に連絡が来たのが10/27の夕方。

勤務中に訃報を知り、すぐ彼の実家に行ったり、友人知人に連絡したりしました。それから今日の告別式までは、何ていうかホントに疲れました。

誰に連絡すればいいのだろう?遺族に対して何を手伝ってあげればいいのだろうetc・・・。

彼とは中学からの付き合いで、高校、バイトも一緒だったので、今でも親交がありました。もう年に数回っていう頻度でしたけど、飲みに行ったり、遊びに行ったり・・・。

4年前の11月、彼とも親交があった友人を事故で亡くしました。今年のお盆のときにその友人を偲んで成田に集まった際、彼も来てくれました。近況を話したり、昔の失敗談に華が咲いたり・・・。その時の集まりがとても楽しかったので、11月の命日にはまたみんなを集めようと、私は勝手に計画してました。

その呼びかけのメールを送ろうとした矢先の出来事でした。

友人を亡くしたことは本当に辛いのですが、それにも増して残されたご両親の姿を見るのが辛くて・・・・。

表現が下手で申し訳ないが、内臓を焼かれるようなというか、脳を締め付けられるというか・・・。

4年前のデジャブを見てるようでした。一昨日は私も頭痛が酷くなって結局寝込みました。

幾つになっても親にとっては子供は子供。子供がこれからどんな風に生きていくか、どんな風な人生を見せてくれるか、親は楽しみにしているんだと思います。

期待したり、心配したりしてね。

最近はイジメで自殺という記事を良く見ます。私なんかじゃわからないほど生きるのが辛く、選択肢が無くなって自ら命を絶ってしまうんだとは思います。

そんな彼らに「子を亡くした親の悲しみ」とうのを教えてあげたい。

見せてあげたい。

君たちが亡くなったら、君たちの親はコレほど悲しむんだよ、コレほど辛いんだよって・・・。イジメられていることを親だけには言い辛いって気持ちは良くわかります。だけど死ぬ勇気を違う方に向けられたらなって思います。

私に連絡が来た日が丁度日ハムの44年ぶりの日本一と重なりました。事情を知らない友人からは、たくさんの日ハム日本一おめでとうのメールを頂きました。私はその一通一通に「ありがとう」って書いて返信しました。

日本一がこんな悲しい思い出になるとは、思っても見ませんでした。

告別式まで終わりひと段落が付いたので、ブログに書きました。不謹慎かもとも思いましたが、今日までのことを何かに残しておきたかったんで・・・・。

彼のご冥福を心よりお祈りいたします。

10/29

死んでミル。マジで。

こんばんは。


いやぁ~、大ドジ踏みました。
ATMでお金下ろしたのに、取らずに帰ってきてしまいました。
気付いた時には時すでに遅し。
警察にも届けたのですが、まぁムリでしょうね・・・。

額は・・・・ちょっといえないくらいです。
疲れてぼ~っとしていたのが敗因です・・・。お金にはしっかりしているつもりだったんですがね・・・・。
あああ・・・。

そんな落ち込んでいた私を助けてくれたのはなんと株でした。会社から帰ってきて相場を確認したら・・・同じくらい、急騰してました。
かな~りびっくりしました。
今もっている株がトータルで-10万だったので、いつ損切しようかと思っていたのですが、まさか上がっているとは・・・。
まだ売ってないのでナンともいえないのですが、さっそく明日にでも売り飛ばそうと思います。

人生万事塞翁が馬の如し。

さて史上初の北海道での日本シリーズ。新人の武田勝投手が打たれながらも一失点にまとめて、ハムが勝利。日本一まであと二勝となりました。まぁ今日の勝利でやっと五分五分ってところでしょうね。やっぱり地力は中日の方がかなり上だと思うからね。ハムは残りを連勝しないと厳しいなぁ。明日の先発はA級戦犯の金村投手。あの発言を許すことはできないが、少しは禊をして欲しいものです・・・。

一勝一敗にシテミル。

こんばんは。

今日は昼前まで寝てました。やっぱり、ちょっと疲れてるのかな。

まぁいろいろと悩んでおりますが、答えも出ないし行動もしてないしっていう感じです。方向性が決まりませんね。

午後から最近乗っていなかったので、バイクでお出かけ。どこに行く気もなかったのですが、ぶらっと千葉まで走りました。駅前で買い物でもしようかと思いきや、大混雑ですね、千葉駅前。止めるところが見つけられなかったので、そのまま帰ってきました。何しにいったやら。

夕方から日本シリーズをテレビ観戦。投手は山本マサ対八木。幸先良く先取点を奪ったのですが、中日のホームラン攻勢で逆転を許しました。その後はいつも通りのチャンスは作るけど、あと一本が出ず、って奴が続きました。

7回に金子のタイムリーでどうにか逆転。後は得意の継投で勝利、対戦成績を1勝1敗にしました。心情的にはまだあちらが有利ですね。ハムは先発があと武田と「あの」金村しかいませんから。去年のローテーションピッチャーだった、江尻や鎌倉はどこに行ったんだろう?

昨日のダルで落としたのが痛いなぁ・・・。

明日も休みます。

負けてミル。

こんばんは。

昨日、夜間作業があったので、夜の2時まで働きましたが、それでも今日は9時から出勤。眠いというか、考えがまとまらないっていうか・・・。

しかもひとりで勤務なのでどうしてもだらけてしまいます。

今日は18時から日本シリーズがあるので速攻で上がってテレビ観戦。結果は・・・ダメだったか・・・。ダルの制球が悪く、四死球の雨あられ。相手投手の川上にまで四球を出してるようじゃ・・・。一番期待していたんだけどなぁ。悪い意味で若さが出てしまったのかな。

9連続勤務→一日休み→7連続勤務の今日ガ終わり、明日、あさってと久しぶりの連休です。しかし明日は寝て終わる予感・・・。

携帯について考えてミル。

長年愛用している携帯をそろそろ買い換えたいと思ってます。基本は今と同じ、docomoにするつもりだったんですが、調べてるうちにauがいろいろ遊べて面白そうだなぁ、って考えてます。

携帯の音楽プレーヤーとかも欲しかったので、auならそれの代わりにもなりそう。あと、FMが聞けるのも魅力ですね。

問題は代えるとなると、いろいろ面倒なこと。ナンバーポータビリティーがあるとはいえ、どうやら費用は掛かるみたいだし、メアドは変わってしまいます。あとはたまったポイントや年割といったサービスがリセットされてしまうこと。まぁ余り使っていないのでたいした額ではないんですが。

auならW43H、docomoならSO902iが欲しいと思ってます。

まぁもう少しだらだらと考えてから決めたいと思います。

さて、今日は14時から会社か・・・。

これからについて考えてミル。

こんばんは。

ナンだか急に涼しくなってきましたね。

06.10.14号のエリート情報に根付作家さんの記事が載っていました。エリート情報っていうのはまぁ広告と一緒に入ってくる無料の地域新聞みたいなものですね。ちなみに根付というのは江戸時代の人が印籠やたばこ入れを携帯するための留め具として使われたもので、今で言う携帯ストラップみたいなもの。

この記事に載っていた根付作家 和地 賢二さんは昔の会社の同僚でした。といっても部署も違ったし、話したこともホトンドなかったのですが、ちょっと珍しいお名前なので、名前だけは存じ上げてました。

その和地さんは会社を辞めた後、根付作家となり成功を収められたそうです。何でも偶然見つけた根付に「これだ!」と思い、仕事をしながら3年間勉強されたそうです。その後、都内のデパートなどで行われる展示販売会に出店し続けて、そこでなんと高円宮殿下が和地さんの作品を買ってくれたことが自信につながって会社を辞めてこの道に入ったそうです。

すごいなぁ。ここまで相当な苦労があったと思いますが、自分の決めた道で成功したなんて、感動するやらうらやましいやら(笑)。彼が進んだ10年と、自分のを比較して、かな~りブルーになりますね。俺は何やってたんだろうって。

雅号の「一風」で検索すると、和地さんのホームページがあります。興味がある方はどうぞ見てみてください。

和地さんのこれからの活躍を期待しています。

スクーターとブラの関係について考えてミル。

今日も今日とて仕事して来ました。
せっかくの秋の好天が無駄に過ぎていきます。

日曜出勤で上司が居ないのを計算に入れて、スクーターでこっそり出勤しました。
いつもの空き地にこそっと愛車を止めて、何気なく隣のスクーターを見たら、フロントの小物入れに何か入ってる。

雑巾か何かだったら気にも留めなかったんですが、何か細い紐みたいな布が小物入れからはみ出てます。

よくよく見ると・・・ブラジャー(黒)でした。


・・・なんでスクーターにブラ?


古着をウェス代わりにする人がいるけど、まさかブラをウェスにするわけは無いし?
ましてや自分の下着を、外から丸見えのスクーターの小物入れに入れるわけはないしね・・・。

下着ドロかなんかでしょうか?
しかし、下着ドロが自分のスクーターの小物入れに、「獲物」を入れたままにするのかな?
だって盗んだ証拠品だもんね。


とりあえず、そのままにして出勤しました。

仕事を終えて帰ったとき、そのスクーターは居ませんでした。
いったいなんだったんでしょうね?

ちなみに私は下着ドロを見たことがあります。
4~5年前、一人暮らしをしていた時に、「ドロボー!」という叫びを聞いて外に出てみると、30代のスーツを着た小太りの男が数人に囲まれてました。

話を聞くと小太りが下着ドロで、ベランダに入ったところをその家のご主人に見つかり、逃走した挙句につかまったそうです。

そのお宅は最近頻繁に下着が盗まれるので、ご主人が警戒していたそうです。

しかしこんな事で捕まって、親や会社に連絡されるのイヤだな~

変わってミル。

Dsc00382_1 優勝を記念して、とりあえず新聞を買いました。もっと欲しかったのですが、一面がハムじゃなかったので、却下。やはり認知度が低いのかしら?あとは週刊ベースボールと何かしらの特集号が出たら買います。なにせ25年振りだもの。

友人、知人、果ては会社の人から優勝おめでとうメールをいただきました。普通、余り人の好きな球団なんて覚えてないものですが、どうやら私は彼らから「珍しい球団を応援している変わった人」と認知されているようです。確かに周りに一人も居ないものなぁ、日ハムファン。両親&姉夫婦は巨人ファン。会社も巨人ファンが多く、千葉という土地柄、ロッテファンも多いです。確かに珍しいかも。

まぁフツーの人、って言われるより、変わった人といわれる方がとてもうれしいです(笑)。

メールをくれた皆さん、ありがとうございました。

優勝シテミル。

日本ハム パリーグ制覇 おめでとうございます。
待ちましたよ、ホントに。

録画しておいた今日の試合を見ながら、特別な日 専用のエビス黒ビールと、北海道にちなんでサッポロビールをいただいております。Dsc00380



低迷が続いていた阪神や横浜、ロッテが優勝する中、気が付けば最も優勝から遠ざかっている球団となってしまいました。

私がファンになったのは、大学に入った前後なので、18年近く前でしょうか?

いつかは優勝するだろう・・・と思ってから、もうこんなに年をとってしまいました。

昨年の5位から今年はロクな補強をしなかったので、楽天といい勝負だろうなぁ・・・と思っていたのですが・・・・。

中日との日本シリーズもいい試合を期待しております。

祈ってミル。

日ハムがプレーオフの初戦を制しました。

シーズン1位通過のハムには無条件で1勝が与えられるため、パリーグ制覇まであと一勝となりました。

思えば同じ弱小球団と言われていたホークスが、いつの間にやら常勝集団となり、Bクラスの仲間と思っていたロッテも昨年は日本一。近鉄、オリックスが次々と優勝していくなか、ハムだけが蚊帳の外。

私が野球を見るようになってから、優勝していないのはついにハムだけになりました。

お願いだから明日一気にケリをつけてくれ・・・。

マンガを読んでミル。

こんばんは。

親が姉夫婦の家に行っていたのですが、明日帰ってきます。いつもなら思いっきり羽を伸ばすのですが、ここ数日は仕事が立て込んでいて、

起きる→会社→家に帰る→寝る

という4サイクル運動(?)を繰り返してました。

なので、最終日くらいはと、仕事終えてから近所のスーパー銭湯「華の湯」に行って来ました。サウナ入って、泡のお風呂入って、露天に入ってきました。

ちょっとは癒されたかな?

その帰りに本屋で 小池恵子 著の「Spring!!」を購入。

このマンガはやる気はあるけど空回りしているドジOLの奮闘を描いたマンガ。このやる気はあるけど空回り~ってところがどうも自分に重なってしまいます。チョイミスが多いんです、私。しかも彼女の上司が「(やる気がある、がんばってる)そんな姿勢が評価されるのは子供のうちだけ。大人になったら結果をださなきゃ」と話すシーンではナンだか胸がヒジョ~に痛かったです。

いや、わかっているんですよ、俺だって。

やる気はあるし、雑用でも何でもやりますが、3年経ったも情報システムのことが良くわからないですね。単語しかり、考え方しかり。

だから雑用は回ってきても、大きな仕事は回ってきません。それが辛いし、情けない。

本当は異動してからすぐに教育に行くはずでした。しかし、大きなプロジェクトを抱えていて、それが終わってから行くことになりました。そのプロジェクトが、一年延び、二年延び・・・・。

3年経ったころには、何にもできない情報システム室員が一人出来上がってました(涙)。

この業界で長くやってきたり、学校で勉強した方には勝てないですね。こちらが大卒ってことで高い給料貰っている(微々たるものですが)のに、申し訳ない限りです。

このマンガで「若いときに失敗するのは悪くない。年取ると責任重くなって、失敗し辛くなる」とも言ってます。

・・・果たして、「若いとき」ってのは何時までなんでしょうか・・・・。

絵柄は丁寧だし、なかなか重みのある内容も含まれてますし、サラリーマンお勧めの一冊です。

Spring!! 1 (1) Book Spring!! 1 (1)

著者:小池 恵子
販売元:芳文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

運を分けてもらってミル?

こんばんは。

最近、会社に遅くまでいることが多く、ちょっと疲れ気味。三連休は当然のように仕事でバテバテです(涙)。

今日の休日出勤のさなか、同僚(女性)に幸運が。なんと「銀のエンゼル」が5枚たまったそうです。Dsc00371

私は人生で「銀のエンゼル」は二回ほど当てた覚えがありますが、もはや数十年前です。「金のエンゼル」は見たこともありません。彼女は月に数回、子供に買ってあげていたそうですが、それでも一年くらいで揃ったそうです。すごいなぁ。

なので彼女の幸運を分けてモラウベク、肩に触らせてもらってから(セクハラじゃないよ)、先週買って、まだ調べていないロト6の当選発表を調べました。

結果は・・・・。

人の幸 運に頼っちゃダメですね・・・(涙)

旅行に行けなかったりシテミル。

こんばんは。

うちの会社は社員旅行があるのですが、シフト制なので全員で同時に行くということができません。

なので20班くらいに分かれて実施します。

参加は自由なのですが、そこそこ良い旅館と食事がつくので、大抵の社員は仲のいい同僚たちと参加します。

私も参加予定だったのですが、仕事の都合で不参加。

うぅ・・・その分、金寄越せ~!(笑)

で、参加した先輩がウチの部署にお土産を買ってきてくれました。

それがこれ。

Dsc00365

カキピーにチョコレートをコーティングしたものだそうです。

お味は・・・。女性社員には好評でしたよ、えぇ。

私は・・・カキピーとチョコは別々にください(笑)。

まったりとシテミル。

こんばんは。

昨日のテニスの疲れからか、体が重いです。それと最近の残業が祟っています。何だかだる~いです。

今日は電器屋をぶらついたり、図書館行ったり、本屋行ったり・・・。

最後はボンベルタのドトールでコーヒーを飲みながら、読書なんかに勤しんでみました。

Dsc00364

今回読んだのは一橋文哉 著の『三億円事件~20世紀最後の謎』。

あの超有名な未解決事件を追ったノンフィクション作品です。

筆者は、三億円事件で盗まれた五百円札を持っていたことがあるという男に出会うところから始まり、事件についての資料を徹底的に調べ、事件の真相を暴いていこうします。

そして、取材をして続けていくうちに、遂に1つの結論を導き出し、アメリカで真犯人(とおもわれる男)を見つけ、最後は直接インタビューを行うという流れになっています。

内容は私が知らなかった話しも結構多く、なかなか楽しめました。しかし改めて事件を思い返すと、かなりな「幸運」が犯人に働いたことは間違いないですね。

ただ、結論の部分はちょっと弱いかな?事件の概要説明→新事実の調査→真犯人と思われる男に行き当たる→直接対決!という流れはよかったんですが・・・。

惜しいなぁ・・・・。

三億円事件 Book 三億円事件

著者:一橋 文哉
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »


-天気予報コム-
フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
無料ブログはココログ